このページの本文へ

米Google、「過剰SEO」サイトにペナルティを科す計画を発表

2012年03月18日 01時13分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米GoogleのMatt Cutts氏が、Googleのランキングアルゴリズムを変更し、コンテンツ品質に比してSEOをやりすぎているサイトにランキングペナルティを科す計画があることをSXSWで明らかにした。Search Engine Land が報じている。

これはSXSWで開催されたセッション「Dear Google & Bing: Help Me Rank Better!」のパネルディスカッション中で明らかにされたもの。同氏によると、この過剰SEOに対するペナルティの目的は、SEOが上手くできていないが優れたコンテンツを有するサイトと、あまり優れたコンテンツは持たないがSEOを上手に行っているサイトが同じ条件で戦えるようにする(level the playing field)点にある。

つまり現状のランキングアルゴリズムの問題として、単純に優れたコンテンツを保有するサイトよりも、あまり良いコンテンツが無くてもSEOを上手く展開しているサイトが上位に表示されてしまうケースが挙げられる。これを是正するために、新しいランキングアルゴリズムを導入するということだ。

Matt Cutts氏によると、通常はこうしたアルゴリズム変更計画を事前にアナウンスすることはないが、今回は例外のようだ。


Dear Google & Bing: Help Me Rank Better! [SXSW]
http://schedule.sxsw.com/2012/events/event_IAP11742

Too Much SEO? Google’s Working On An “Over-Optimization” Penalty For That
http://searchengineland.com/too-much-seo-google%E2%80%99s-working-on-an-%E2%80%9Cover-optimization%E2%80%9D-penalty-for-that-115627

#
ま、たいしたお話ではありませんね。

こうしたGoogleの動きについては3月28日に開催するセミナーで詳しく話しますので興味のある方はご参加下さい。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く