このページの本文へ

スマホデビューしたい人のためのAndroidスマホ超初心者講座 第2回

Androidスマホは何を基準に選ぶべきなのか!?

2012年03月13日 12時00分更新

文● ヤシマノブユキ ●モデル/相川夏海

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

万能を求めるなら国内メーカーの機種

 「できないことがあるのは我慢できない」という欲張り派には、いわゆる「全部入り」がオススメ。「Xperia」「ARROWS」「MEDIAS」「AQUOS PHONE」といった国内メーカーが手がけるブランドを選択しよう。また、カメラの性能は、高機能モデルなら約800万画素、入門機なら約500万画素というのがひとつの目安になっている。高機能モデルの中には「LUMIX Phone 101P」のように1000万画素を超える、もはやデジカメレベルのものもある。写真をキレイに撮りたいなら高機能モデルにしよう。

ヤシマオススメのハイスペックモデル

  • ドコモ MEDIAS ES N-05D
    ES(エクストラスリム)の名のとおり、薄いボディーに1.5GHzデュアルコアCPUなどのハイスペックが詰まっている
  • ドコモ AQUOS PHONE SH-06D
    ハイスペックなのはもちろん、4月から開局するスマホ向けTV番組「NOTTV」に対応したモデル
  • au Xperia acro HD IS12S
    ディスプレーは4.3型(1280×720ドット)、カメラは1210万画素、CPUは1.5GHzデュアルコアで全部入り
  • au ARROWS Z ISW11F
    全部入りでかつ防水にも対応したハイエンドWiMAXモデル

厚さ6.7mmを実現した「MEDIAS ES N-05D」(NECカシオ)

3D対応の4.5型液晶を搭載するハイエンドスマホ「AQUOS PHONE SH-06D」(シャープ)

全部入りで、さらに初代プレイステーションのゲームをダウンロードして遊ぶことができる「Xperia acro HD IS12S」(ソニー・エリクソン)

全部入り、防水対応、1310万画素カメラとすべてが詰まった「ARROWS Z ISW11F」(富士通)

個性的なスマホが欲しいなら海外メーカーモデル

 デザイン重視なら「GALAXY」や「optimus」といった海外メーカーが手がける機種が個性的でいい。おサイフケータイ(FeliCa)や赤外線など、日本のケータイ特有の便利機能を搭載している機種はほとんどないが、GALAXY S IIやoptimus Xのようにワンセグを視聴できる機種も存在している。また、海外メーカーの機種はデカイというイメージを覆すスリムなモデルが増えてきているので、女性にもうれしいところだ。

ヤシマオススメの海外メーカーモデル

  • ドコモ GALAXY S II SC-02C
    日本仕様はワンセグ対応だけだが、すべてにおいてバランスが取れているモデル
  • au optimus X IS11LG
    ボディーは約64×118×9.9mmとコンパクトで持ちやすくて軽く、CPUが1.2GHzデュアルコアと性能面もまずまず
  • au MOTOROLA RAZR IS12M
    ボディーは大きいが厚さが7.1mmと非常にスリム。防水ではないが、撥水コーティングがほどこされている
  • ソフトバンク DELL Streak Pro 101DL
    4.3型スーパー有機ELディスプレーを搭載し、独自のクラウドサービスを2GBまで利用することができる

前モデルにはなかったワンセグが追加された「GALAXY S II SC-02C」(サムスン電子)

NVIDIA製のデュアルコアCPU「Tegra 2」を搭載し、ワンセグにも対応した「optimus X IS11LG」(LGエレクトロニクス)

折りたたみ型ケータイのヒット作「RAZR」のスマホ版「MOTOROLA RAZR IS12M」(モトローラ・モビリティ)。日本独特の機能は一切ないが、厚さ7.1mmとスリム

デル独自のクラウドストレージサービス「SyncUP」に対応した「DELL Streak Pro 101DL」(デル)。こちらもワンセグなどはナシ

最先端に触れたいなら
Android 4.0搭載モデル

 実は、AndroidスマホのOSには新旧2種類がある。現在主流のAndroid 2.3と、まだ数機種にしか搭載されていないAndroid 4.0だ。Android 4.0は、2.3のスマホに特化した使いやすさと、3.0のタブレットのような操作性を兼ね備えた、今後のAndroidスマホの主流となるOSだ。

 スマホとタブレットの良いところ取りのOSなので、画面ロックを解除せずにカメラやメールを立ち上げられるなどの使い勝手の良さを求めるなら、最新のAndroid 4.0搭載機種を選ぼう。AQUOS PHONE 104SHのUIはメーカーの独自色が強いが、GALAXY NEXUSはほとんど「素」。よりキビキビとした操作感にこだわるならGALAXY NEXUSをオススメしたい。

 今のところ、機種も対応しているアプリも多くはないが、誰よりも早く最先端のAndroidに触れたい人向けだ。また今後、さまざまなメーカーがAndroid 4.0に対応させる、もしくはAndroid 4.0搭載モデルを出すと発表している。

Android 4.0搭載モデル

  • ドコモ GALAXY NEXUS SC-04D
    世界で最初にAndroid 4.0を搭載したGALAXYシリーズのフラッグシップモデル。日本仕様は一切ないが、スマホの一歩先を堪能するならコレ
  • ソフトバンク AQUOS PHONE 104SH
    シャープ製が放つ国内メーカー初のAndroid 4.0搭載モデル。ワンセグなどはないが防水・防塵に対応し、さらにULTRA SPEEDも利用可能。最新・最速を味わえる

世界で初めてのAndroid 4.0スマホ「GALAXY NEXUS SC-04D」(サムスン電子)

国内メーカー初となる「AQUOS PHONE 104SH」(シャープ)

夏海ちゃん的には「全部入りの国内メーカーモデルが安心」とのことだが、海外メーカーモデルを熱心に解説するドクターヤシマを見て「Android 4.0も気になる。でもアプリがどのくらい対応しているのか……それ次第かな」と、なかなかシビアな目だ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン