このページの本文へ

1/2コアCPU、1GBメモリ、100GB HDDで5250円から

ホワイトクラウドの仮想サーバー、オートスケールも可能に

2012年03月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月7日、ソフトバンクテレコムはホワイトクラウドの仮想サーバーサービスを刷新。新たに「ホワイトクラウド 仮想サーバ」と名称を変更した。

 5つの基本サービスメニューが用意され、コマースサイトの構築から顧客データベースの構築まで幅広いニーズに応えるという。また、あらかじめWebサーバー、アプリケーションサーバー、メールサーバーなどのアプリケーションがインストールされている仮想サーバーも用意し、ユーザーは仮想サーバーテンプレートを選択することで、迅速にサーバー構築が可能になる。

基本サービスの概要(同社サイトから抜粋)

 また、4月下旬からは、負荷に応じて仮想サーバーを追加するオートスケールの機能をオプションとして追加するという。価格は1/2コア、1GBメモリ、100GB HDDの「ハーフ」で5250円/月から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ