このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

博士曰く、「俺の嫁」は4次元の存在だった!?

「マスエフェクト 3」が3月15日に発売だから博士に宇宙を聞いてみた!

2012年03月09日 19時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シリーズ完全版とも言えるマスエフェクト 3! 準備はいいか!?

 全世界で人気のRPG「Mass Effect(マスエフェクト)」シリーズの最終章となる「マスエフェクト 3」が、いよいよ3月15日に発売される。宇宙を舞台にした壮大な冒険譚シリーズの完結編であり、完全版となっている。発売を楽しみにしている人も少なくないだろう。

 いま初めてタイトルを知ったという人のためにカンタンに紹介すると、舞台は謎のエイリアン種族「リーパー」の攻撃により、滅亡の危機に直面する地球と銀河系の星々。プレイヤーは人類代表であり、宇宙のあらゆる生命体の希望であるシェパード少佐となって、全宇宙選りすぐりの戦士たちを集め、この危機に立ち向かう、というもの。スペースかつオペラでハヤカワ銀背テイスト溢れるRPGなのだ。

 もちろん、この手のゲームに目がないASCII.jp編集部の猛者共も、ここ数日はマスエフェクト話に花が咲いていたのだが、なんと電撃オンラインでもマスエフェクトで盛り上がっている様子なので、ちょうどよいわとASCII.jpでも悪ノリ……じゃなくて、相乗りすることにした。

「マスエフェクト 3」の最新情報と、シリーズ全体の解説が同時に読める便利なページ。豪華プレゼントが当たる投稿企画も!

じつは日本人向きの設定てんこ盛りなのだ!

 「マスエフェクト」シリーズは、おもにTPS(サード・パーソン・シューティング)視点で行動しながら、広大な銀河系を股にかけて様々なミッションをこなしていく。とはいえ、銃器や特殊能力でのドンパチだけでなく、ビークルに搭乗しての惑星調査などもあり、清く正しいスペースオペラ風味を満喫できる。

 根幹のストーリーも重厚かつキャッチーで、キャラクターごとのサブストーリーも豊富という、じつは日本人向きの作品だったりする。もちろん、女性キャラ(異星人だが)もかわいい。ただし、性格的な意味で。

喜べ諸君! 性的、いや性格的な意味でかわいい女子が銀河系には沢山いるぞ

 さて、異星人が登場するということは当然、地球以外にも生命活動可能な惑星が多数存在しているわけだ。フィクションの世界ではおなじみの設定だが、現実では異星人どころか人間が無事に住めそうな星すら見つかっていない。

 マスエフェクトシリーズに登場する「シタデル評議会」のような大銀河天元突破な国連ができるのは夢のまた夢なのか、そもそも宇宙ってどうしてできたのか? この手のジャンルをプレイしていると、身近なところから疑問が沸いてくる。筆者が習ったときのビッグバンは150億年ほど前といわれていたのに、いまでは137億年ほど前になってたりするしね!

 というわけで、科学技術大好きっ子が集うASCII.jpとしては、ここらへんの素朴なギモンを解消すべく、宇宙や物質の成り立ちに迫っているKEK(大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構)の藤本先生にお話を伺ってみた。

 そしてインタビューを進めるなかで、俺たちの嫁に関する重大な事実が浮かび上がってきたのだが……詳細は後ほど!

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ