このページの本文へ

レノボ、AMD A8搭載の15.6型ノート「IdeaPad Z575」発表

2012年03月06日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは、AMDのクアッドコアプロセッサー「A8-3520M」を搭載する15.6型ノート「IdeaPad Z575」を発表した。価格はオープンプライス。店頭想定価格は6万5000円前後で、発売は3月9日予定。

「IdeaPad Z575」

 IdeaPad Z575は、従来機種「IdeaPad Z570」と同様にメタリックな筺体を採用。高速起動を可能とする「Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows7」、熱管理をワンタッチで行なえる「サーマル・マネージメント・システム・ボタン」、快適な文字入力を提供する「AccuTypeキーボード」など、使いやすさも追求している。

 また、今回のIdeaPad Z575の販売開始を受け、レノボ・ジャパンは、日本AMDと共同主催のキャンペーン「春のAMD/レノボ コラボレーションキャンペーン」を実施する。

 キャンペーン内容は、「新生活に向けて〜をするぞ!」「今年こそ〜をするぞ!」などの「DO」(目標や思い)を書いて、家電量販店に設置したパネルに貼ってもらうというもの。参加者にはオリジナルグッズをプレゼントする(先着300名)。開催店舗は、3月17日〜18日がビックカメラ 有楽町店、3月24日〜25日がソフマップ 秋葉原本館となっている。

主なスペック
製品名 IdeaPad Z575
型番 129992J
店頭想定価格 6万5000円前後
CPU AMD A8-3500M(1.5GHz)
チップセット AMD A60M Fusion コントローラーハブ
メインメモリー 4GB(最大8GB)
ディスプレー(最大解像度) 15.6型ワイド(1366×768ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 AMD Radeon 6620G(CPU内蔵)
ストレージ 500GB HDD
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 有線LAN(100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 2.0端子×3、アナログRGB端子、HDMI端子、eSATA/USBコンボ端子、内蔵ウェブカメラ(200万画素)
カードスロット 5 in 1 メディア・カード・リーダー
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー、デジタルモノラルマイク
本体サイズ/重量 約幅376×奥行き250×高さ32.3〜34.5mm/約2.6kg
バッテリー駆動時間 約4.3時間
OS Windows 7 Home Premium SP1(64bit)

カテゴリートップへ