このページの本文へ

ファーストサーバらが「WordPress 専用クラウドサービス」のベータ版を提供開始

PHPアプリ高速化「PHP Ninja」でWordPressを速くしよう!

2012年03月07日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月6日、ファーストサーバとデジタルキューブは、共同でWebアプリケーションを高速化するクラウドサービス「PHP Ninja」を開発し、第1弾として「WordPress 専用クラウドサービス」のベータ版を提供すると発表した。

「WordPress 専用クラウドサービス」のベータ版は無料で利用可能だ

 WordPress 専用クラウドサービスは、WordPressの高速化にこだわってサーバーからアプリケーションの設計をしたWordPressプレインストールのクラウド環境。従来と比較してパフォーマンスが非常に高いというWebサーバー「Nginx(エンジンエックス)」、キャッシュコントロールなどをチューニングしたWordPress、米ジョイエント(Joyent)のソフトウェアを使ったパブリッククラウドサービス「Z Cloud」を組み合わせており、月間100万~1000万PVクラスのWebサイトのパフォーマンスを劇的に改善するサービスを実現したという。

 WordPressサイトのサーバー移設に伴う煩わしい作業を大幅に軽減できるWebサイト引っ越しツールを無料で提供。また、サーバーの監視や運用、保守もサービスに含まれており、ユーザーはサイト運営に専念できるという。

 ベータ版に利用は無料で、正式版の開始は4月中旬の予定だ。

 なお、PHP NinjaはZ Cloud上に構築されたPaaSサービスの名称で、PHPで作られたアプリケーションを高速に動かせるのが特徴。その技術を活かしたのが、PHPで作られたCMSであるWordPressを高速化するWordPress 専用クラウドサービスというわけだ。

初出時、「月間100万~1000万PVクラス」という表記などに誤りがありました。お詫びし、訂正させていただきます。(2012年3月7日)

カテゴリートップへ

ピックアップ