このページの本文へ

1GbEを最大240ポート搭載可能

アライド、シャーシ型スイッチ「SwitchBlade」の最上位機種

2012年03月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3月5日、アライドテレシスはシャーシ型スイッチの最上位機種「SwitchBlade x8100」を発表した。ボックス型筐体を採用したSwitchBlade x908の上位機種にあたり、7Uのコンパクトなシャーシのほか、コントローラー、4種類のラインカードなどが投入される。出荷は2012年第3四半期。

7U筐体採用のコンパクトなシャーシ型スイッチ「SwitchBlade x8100」

 「AT-SBx8112」は、7U筐体にコントローラー用に2スロット、ラインカード用に10スロットを搭載したシャーシで、冗長電源用のスロットも4つ備える。スロットはすべてハーフスロットサイズ。最大1.92Tbpsのバックプレーン容量を持ち、1GbEを最大240ポート、10GbEを最大60ポートを装備することが可能になっている。

 システム制御とスイッチング処理を行なうコントローラーは処理能力にあわせて2種類用意。「AT-SBx81CFC400」は800MHz CPUを搭載し、400Gbpsのスイッチング、「AT-SBx81CFC960」は1.2GHz CPUを搭載し、960Gbpsのスイッチングをそれぞれ実現する。ソフトウェアとして、モジュール型OS「AlliedWare Plus」を搭載し、他の製品との連携はもちろん、業界標準のコマンドで操作できるという。

 ラインカードは24ポートの1000BASE-T、24ポートの1000BASE-T(PoE)、24ポートのSFPスロット、6ポートの10Gbps SFP+スロットを搭載する4種類が用意されている。

 価格はシャーシ、コントローラー、ラインカード、電源などを含めた最小構成で350万円~となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ