このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

やっぱり極薄! 「MOTOROLA RAZR」発売記念イベントに潜入

2012年03月02日 17時13分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MOTOROLA RAZR」の発売記念イベントにゲスト出演した敦士さんと道端アンジェリカさん
「MOTOROLA RAZR」の発売記念イベントにゲスト出演した敦士さんと道端アンジェリカさん

 KDDIから3月1日に発売されたモトローラ・モビリティ製スマートフォン「MOTOROLA RAZR IS12M」。その発売記念イベントが開催された。

MOTOROLA RAZRはホワイトとブラックの2色を用意する 背面には「KEVLAR」というファイバー素材が用いられている
MOTOROLA RAZRはホワイトとブラックの2色を用意する背面には「KEVLAR」というファイバー素材が用いられている
側面にはSIMカードスロットとmicroSDカードスロットを搭載。なお、背面カバーは開かないので、バッテリー交換はできない 反対側には音量調整ボタンと電源ボタンを搭載する
側面にはSIMカードスロットとmicroSDカードスロットを搭載。なお、背面カバーは開かないので、バッテリー交換はできない反対側には音量調整ボタンと電源ボタンを搭載する
背面には約800万画素、内側には約130万画素のカメラを搭載。この撮影レスポンスが速いのも特徴のひとつ
本体上面にはmicroUSBとmicroHDMI、イヤフォン端子を搭載。説明員いわく、これらの端子に水がかかっても、乾かせばそのまま使える、とのこと 本体上面にはmicroUSBとmicroHDMI、イヤフォン端子を搭載。説明員いわく、これらの端子に水がかかっても、乾かせばそのまま使える、とのこと

 MOTOROLA RAZRは最薄部7.1mmというスリムなボディが特徴のAndroidスマートフォン。背面に「KEVLAR」というファイバー素材を採用し、ガラス面には「Gorillaガラス」を採用するなど、薄いながらも頑丈なボディーを実現している。

 また、ナノコーティングによる撥水加工により、多少水がかかった程度であれば問題なく利用できるという。

 ディスプレーには4.3型の有機EL(540×960ドット)パネルを採用し、CPUにはデュアルコアの「OMAP4430」(1.2GHz)を搭載。バッテリー容量は1780mAhとなっている。

「MOTOROLA RAZR IS12M」の主要スペック
メーカー モトローラ・モビリティ
ディスプレー 4.3型有機EL
(SuperAMOLED Advanced)
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約69×131×7.1mm(最厚部約10.7mm)
重量 約127g
CPU OMAP4430 1.2GHz
(デュアルコア)
OS Android 2.3
国際ローミング CDMA/GSM/UMTS
カメラ画素数 リア:約800万画素CMOS/イン:約130万画素
バッテリー容量 1780mAh
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 ×
メール(@ezweb.ne.jp)
Cメール
連続待受時間 約220時間
連続通話時間 約580分
カラバリ シャドーブラック、グレイシアホワイト

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン