このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

書き込みやマーキング、先生による入力結果収集も可能

電子黒板と連動する教育向けタブレットがシャープから

2012年03月01日 13時01分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
タブレット端末「JL-T100」(シャープ製)は、小学校高学年から中学校での教育に利用することを想定している

シャープが10.1型液晶搭載の
教育分野向け専用タブレットを製品化

 シャープは、教育分野向けのタブレット端末「JL-T100」を発売する。

 小学校高学年から中学校での教育に利用することを想定した端末で、3月から、シャープシステムプロダクツを通じて、学校や学習塾などの教育分野向けに展開していく。

シャープの教育分野向けのタブレット端末「JL-T100」

 WSVGA(1024×600)の10.1型液晶ディスプレイを搭載。映り込みが少なく、教材が見やすいノングレアタイプとしたほか、抵抗膜方式のタッチパネルとしている。

 手のひらが画面に触れても反応しにくい、シャープ独自の「お手付き防止」設計を採用しているのが特徴で、紙のノートと同様に、画面に手を置いて、細かい文字も書くことができる。手書き文字認識機能も搭載している。

 サイズは、幅278×奥行き180×高さ14mm、重量は650g。額縁部を太くしているのも、子供が手書きをする際に、置いた手のひらが滑り落ちないようにするための工夫だという。

 CPUにはルネサスモバイル EMMA Mobile(tm) EV2(デュアルコアCPU)を採用。OSはAndroid 2.3を搭載。静止画の表示で約7.5時間、動画再生時には約6.5時間の駆動時間を実現している。表示には教科書フォントを採用しており、漢字のトメやハネなどを正しく理解できる。

 本体には、学習に最適化した「ホームメニュー」「教科書・ノート」「動画・音声」の3つのソフトウェアを搭載。ホームメニューでは、よく使用するコンテンツに容易にアクセスが可能なようにアイコンを配置。授業では使用しない各種機能の利用制限も設定可能だ。

3種類のオリジナルソフトウェアを搭載学習に最適化した「ホームメニュー」

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン