このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

とある書き手の小物調査ーガジェットチェックー第16回

iPhoneでも操作できる! ウェラブルビデオカム「Looxcie 2」

2012年02月29日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 以前はアウトドアで録画して配信なり公開なりするのは、ごっついビデオカムを用意するか、ノートにウェブカムをセットして……と手間だったが、スマホが普及してから、よりお手軽になった。ニコ生やUstream、ツイキャスなど、スマホ1台で公開できる環境が整っている。筆者もときどきお風呂でしゃべるだけのどうでもいい配信をしているが、スマホ片手で楽ちんというのが大きい。一方で、車載しての配信や自転車に乗りながら配信となると、安全性の問題やハンズフリーにできるかといった問題が生じてくるので、その方面はあまり興味がなかった。

 そんななか、担当編集がエレガントすぎるお風呂配信を見てひらめいたのか、ウェラブルなビデオカムを送ってきた。(編註・林さんのお風呂配信はむっさい足が写るだけの渋い配信です)ハンズフリーヘッドセットのように耳にセットしたり、別売りパーツでどこかに固定できたりといったもので、加えてBluetooth接続でiPhoneからも操作可能な「Looxcie 2」。春先のお出かけにピッタリなコイツを紹介していこう!

本体正面。Callボタンと録画ボタンがある。この手のアイテムは黒基調が多いのだが、ボタンがわかりにくいという問題をどうにかしてほしい本体裏面。電源スイッチがある

耳にかけてもほとんど気にならない
重量22gの小型カム

 一見してヘッドセットマイクと変わらないビジュアルの「Looxcie 2」。ヘッドセットマイクとしての機能を備えているが、本命はビデオ機能だ。先端部にビデオカメラを搭載し、本体の録画ボタンかiPhoneからの操作で録画・配信が行なえる。約84mm(W)×約10~20mm(D)×約15mm(H)で、重量22g。録画コーデックはmp4、480p、320pが選択可能。駆動時間は320p時で4時間、480p時で2時間、通話のみの場合は6時間以上(チェックでは6時間30分ほど)。ラインナップには、4Gと8Gモデルが用意されており、LX2-001-JPが4GBで1万9800円、LX2-002-JPは8GBで2万4800円になっている。

ビデオカメラの視野角は62.1度。およそ見ている光景の絵面になる。レンズのF値は2.8。録画時は写真のようにLEDが点灯。またLEDのある向きが画面下側になる側面にはマイクとクリップボタン。専用アプリLooxcieモーメントのクリップをハード側で制御するものだが、今回のチェックはほとんど使用しなかった
単3乾電池とのサイズ比較

 付属品にイヤーハンガーがあり、耳にセットして使用するという使い方を提案しているが、NEXXのサイト上からはマウントアクセサリーの購入が可能だ。今回は、ヘルメットマウントストラップ、自転車用ヘルメットマウント、ボールキャップグリップ、専用三脚をチェックしてみよう。付属品はこのほかにも、車載用のウインドシールドマウントや、カーバイザーマウントも用意されている。

イヤーハンガーをセットした状態
ボールキャップグリップ。クリップを利用して帽子のツバなどに取り付け可能。カバンのベルトにセットもできる自転車用ヘルメットマウント。マジックテープで固定するタイプのマウントで、自転車ヘルメット用という扱いだが、ポールや腕に装備など使用範囲は広いヘルメットマウントストラップ。長めのバンドでヘルメットや胴体など太いものに固定できる。ストラップには滑り止め加工アリ
専用三脚。結束バンドを利用して自転車のハンドルへの取り付けもできる

 なお接続方式はBluetooth。有効範囲は10m。このあたりはハンズフリーヘッドセットなどと同じだ。認証方法は本体底部の電源スイッチを入れてからCallボタンを押すとあるのだが、実際にはCallボタンを押したまま電源オンで認識した。説明書の手順と違っていたのだがバージョン違いだろうか。ともあれ、次のページでは実際に装備してのチェックをお送りしよう。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン