このページの本文へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第16回

オッサンが使ったっていいじゃない!

女子向けスマホ「HONEY BEE 101K」を男子視点で徹底レビュー

2012年03月02日 12時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本体サイズは手に大きすぎず小さすぎず

 さて、本体のサイズだがこれも絶妙といっていいだろう。物理的な横幅を見ると、iPhone 4/4SとXperia rayの中間の大きさだ。サイズが約幅56×高さ117×厚さ13.4mm、重量が約133g。昨今の薄型路線からするとだいぶ分厚いのだが、角が丸くなっているのでホールドしやすいし、サイドボタンも片手操作時でも安定して押せる。IPX5/7相当の生活防水対応がもっとも活きるお風呂でも、操作は安心というわけだ。

 重量は約133gはやや重い部類だが、ストラップホールがある以上、どうせ重量は増えてしまうので(ストラップをつけるから)気にする必要はないだろう。ちなみに端末単体の場合、重心が偏っていないため、片手持ち時でも極端に重く感じる部位はなかった。

厚さ13.4mmと現行スマホの中では分厚い部類に入るが、微妙な丸みもあって、それほど分厚く感じないし、なにより持ちやすい

Xperia ray(左)とiPhone 4S(右)と比べてみたところ。iPhone 4Sよりも少し背が高く、気持ち小幅といったサイズ

ちょうど女の子の標準的な手のサイズにジャストといった具合

 スペックは下表の通りで、CPUは1.2GHzデュアルコア、メモリー512MB、内蔵ストレージ2GB、OSはAndroid 2.3と申し分ないスペック。アプリを立ち上げまくったりしない限り、“遅い”とは感じにくいだろう。PCでも言われることだが、ガチスマホユーザーは別として、普通のユーザーの場合は「購入したときの体感速度」が基準であり続ける。ライトユーザー向けだからといって、シングルコアにしなかった点を大いに評価したい。

「HONEY BEE SoftBank 101K」の主要スペック
メーカー 京セラ
ディスプレー 3.5型液晶
画面解像度 480×800ドット
サイズ(暫定値) 約56×117×13.4mm
重量(暫定値) 約135g
CPU ルネサス MP5225 1.2GHz(デュアルコア)
OS Android 2.3
1,5GHz帯対応
最大通信速度
(下り/上り)
21Mbps/5.7Mbps
カメラ画素数 リア:約500万画素CMOS/イン:約200万画素
バッテリー容量 1240mAh
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線
防水
カラバリ ホワイトピンク/ピンク/グリーンイエロー/ブルー/ブラック

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン