このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第2回

カスタム化と「Power Media Dock」で格段に高性能化するVAIO Z

2012年02月21日 21時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外付けGPU利用時なら
最新ゲームもサクサク動く!

 続いて、VAIO Zのベンチマーク結果をご覧いただこう。試用機のスペックは以下のとおりだ。

試用機の主なスペック
製品名 VAIO Z
型番 VPCZ23AJ(Silver)
CPU Intel Core i7-2640M(2.8GHz)
メインメモリー 8GB
ディスプレー(最大解像度) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 256GB 第3世代SSD(128GB×2)
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ(Power Media Dock接続時)
OS Windows 7 Ultimate SP1(64bit)

 まずは、Windows 7の快適さの指針となる「Windows エクスペリエンスインデックス」のスコアから。

VAIO Z本体のみの「Windowsエクスペリエンスインデックス」のスコア

Power Media Dock接続時のスコア

 もっとも注目したいのが、「プライマリ ハードディスク」の「7.9」だ。この値は、現時点での最高値。さすがSSDのRAID構成といったところだろう。CPUは「7.2」、メモリーも「7.5」と両方ともかなりハイレベルだ。VAIO Zの基本性能の高さが分かる結果となった。

 Power Media Dock接続時と非接続時では、「グラフィックス」と「ゲーム用グラフィックス」のスコアが異なる。また、非接続時で「6.4」なのに対し、接続時でも「6.8」とあまり大差がないように思えるが、ほかのベンチマーク結果を見ると、両者の違いは歴然としているのだ。

 マシンの3D性能を計測する「3DMark Vantage」では、接続時と非接続時でGPUのスコアに倍以上の差がついた。非接続時では「CPU TEST 1」が正しく行なわれなかったため総合スコアが「P0」となっているが、正常に動作した「CPU TEST 2」の結果を見ると、CPUのスコアも接続時のほうが上回っていると考えていいだろう。接続時の総合スコア「P4239」も、なかなか高いレベルである。

VAIO Z本体のみの「3DMark Vantage」のベンチマーク結果

Power Media Dock接続時の結果

 PC全体の性能を測る「PCMark Vantage」では、本体のみで「13926」、Power Media Dock接続時で「13756」と、接続時のほうがやや低い結果となった。それでも「Gaming Score」を見てみると「10782」から「13249」と上昇しているので、グラフィック面での効果は高いと言える。

VAIO Z本体のみの「PCMark Vantage」のベンチマーク結果

Power Media Dock接続時の結果

 「モンスターハンターフロンティアオンラインベンチマークソフト第3弾【大討伐】」のベンチマークでは、1280×720ドットの解像度で、本体のみ場合は「2092」、接続時で「4099」という結果に。Power Media Dockを接続していなくても3Dゲームは問題なく遊べるが、接続すればより快適に遊べるだろう。

VAIO Z本体のみの「モンスターハンターフロンティアオンラインベンチマークソフト第3弾【大討伐】」のベンチマーク結果

Power Media Dock接続時のベンチマーク結果

 以上のベンチマーク結果から分かるとおり、Windows 7を快適に利用できることが分かるはずだ。3Dゲームに関しても、Power Media Dockを接続していればストレスなくプレーできるだろう。文書作成や動画視聴、ゲームなど、仕事にも趣味にもバリバリ使えるパワーを備えているのである。

 Power Media Dockにはバッテリーは搭載されていないため、必然的に据え置き用として利用することとなる。接続時には光学式ドライブ+外付けGPU搭載のパワフルなマシンとして、非接続時には携帯性に優れたモバイルマシンとして、状況に応じてスタイルを変えられることが、VAIO Z最大の魅力なのだ。さまざまなシーンでパソコンを活用する人に、うってつけのマシンだといえるだろう。

試用機の主なスペック
製品名 VAIO Z
型番 VPCZ23AJ(Silver)
CPU Intel Core i7-2640M(2.8GHz)
チップセット Mobile Intel HM67 Express
メインメモリー 8GB
ディスプレー(最大解像度) 13.1型ワイド(1600×900ドット)、LEDバックライト
グラフィックス機能 AMD Radeon 6650M(1GB、Power Media Dock接続時)、Intel HD Graphics 3000(CPU内蔵)
ストレージ 256GB 第3世代SSD(128GB×2)
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ(Power Media Dock接続時)
通信機能 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 2.0端子、アナログRGB端子、HDMI端子、USB 3.0(Power Media Dock接続兼用)。Power Media Dock接続時は、USB 3.0端子、USB 2.0端子×3、アナログRGB端子×2、HDMI端子×2
カードスロット メモリースティック Duoスロット、SDメモリーカードスロット
テレビ機能
サウンド機能 ステレオスピーカー、デジタルモノラルマイク、ノイズキャンセリングヘッドホン
セキュリティー機能 TPMセキュリティーチップ、指紋認証
Webカメラ HDウェブカメラ(有効画素数131万画素)
本体サイズ/重量 約幅330×奥行き210×高さ16.65mm/約1.165kg、Power Media Dock:約幅148×奥行き220×高さ16.65mm/約685g
バッテリー駆動時間 約9時間
OS Windows 7 Ultimate SP1(64bit)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中