このページの本文へ

性能も機動力も最高峰! 「VAIO Z」ロードテスト第2回

カスタム化と「Power Media Dock」で格段に高性能化するVAIO Z

2012年02月21日 21時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

豊富なインターフェース

 共通のスペックとしては、インターフェース類として外付け機器用にUSB 2.0端子、映像出力用にアナログRGB端子とHDMI端子を用意。メモリーカード用には、メモリースティックDuoスロットとSDメモリーカードスロットを1基ずつ用意している。さらに、USB 3.0端子として利用可能なドッキングステーション「Power Media Dock」接続用端子も用意されている。

 通信機能は標準でIEEE 802.11a/b/g/nとBluetooth 2.1+EDRに対応。オプションで「Xi」対応のLTEやWiMAXなどを追加することも可能だ。また無線LANの速度を、理論値450MbpsのMIMO 3×3か300MbpsのMIMO 2×2のいずれかに選択できる。

VAIO Zの本体前面。中央にあるふたつのメモリーカードスロットのうち、左がメモリースティックDuo用、右がSDカード用

VAIO Zの本体背面。アルミニウム製のヒンジ部分には、本来「SONY」の文字が刻印される。写真では試用機のため「15th Anniversary Collector's Edition Digital Magic Factory Azumino, Japan」と刻まれている

本体左側面には、左からオーディオ端子類、有線LAN端子、HDMI端子、USB 2.0端子、ドッキングステーション/USBコネクター、電源コネクタと並ぶ

本体右側面には、アナログRGB端子のみ

 そのほかのオプションとしては、デジタルノイズキャンセリングヘッドフォンや指紋センサー、TPMセキュリティーチップ、HDウェブカメラなど。特に、周囲からの騒音を98%低減するノイズキャンセリングヘッドホンは非常に効果が高く、外出先でも作業に集中できるだろう。

オプションで付属するデジタルノイズキャンセリングヘッドフォン。周囲の騒音を大幅にカットできるので、静かな環境で作業したい人にオススメ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中