このページの本文へ

「クチコミ@係長API」をソーシャルリスニングツール「ウフル ソーシャルリスニング」へ提供

ホットリンク、ソーシャルメディア分析をSalesforce上アプリに

2012年02月20日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月17日、ホットリンクはソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長API」を、ウフルがSalesforce.com上で提供するソーシャルリスニングツール「ウフル ソーシャルリスニング」に提供すると発表した。

Salesforce.com上で提供する「ウフル ソーシャルリスニング」にホットリンクのソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長API」が搭載される

 ホットリンクは、国内のTwitterやブログ、掲示板などのソーシャルメディアに日々投稿される膨大な口コミ情報を毎日3500万件以上、総数約143億件(2012年2月9日現在)をリアルタイムに収集・分析できるソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」をASPサービスとして販売している。

 今回提供を発表したクチコミ@係長APIは、このクチコミ@係長の基盤となっている、ソーシャルメディアデータ、トレンド分析、評判分析、著者の属性判定、関連語分析、スパム排除等の各種機能を外部アプリケーションから活用できるようにしたAPIサービス。すでに、野村総合研究所のテキストマイニングソリューション「TRUE TELLER」などに採用されているという。

 提供を受ける「ウフル ソーシャルリスニング」は、セールスフォース・ドットコムのクラウド型CRM機能と、ソーシャルメディア上に流れる口コミをトラッキングする「ソーシャルリスニング」を連携することで「ソーシャルCRM」を実現するというソリューションで、ソーシャルメディアの情報をあらゆる業務プロセスに統合できるという。クチコミ@係長APIが持つソーシャルメディアデータやスパム排除の機能を組み込むことで、短期間でのソーシャルCRM向けソリューション開発を実現したという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ