このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

2年連続の女王戴冠なるか? 5年目のミクGTプロジェクト 第3回

すべてはミクZ4の勝利のために! 智将・大橋監督の戦略

2012年02月17日 18時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 個人スポンサーとの絆を守るべく髀肉の嘆を託ちながらもSUPER GTへの参戦を続けたStudieの鈴木代表(関連記事)。チャンピオンを獲ったことで、本家BMWから正式にカスタマーレーシングチームと認められた。

 今回話を聞いたのは、監督歴2年目にして初音ミク グッドスマイル BMWをSUPER GTのチャンピオンに導いた智将・大橋監督。もともとダート競技などに出場しており、サーキットのレースには興味がなかったという大橋監督が、SUPER GTという大舞台で栄光を掴むまでを聞いた。

本業はITコンサルティング会社経営の大橋逸夫氏。プライベートでダートラやK4GP(軽自動車の耐久レース)などのモータースポーツ競技にも参加している。今年はチーム総監督として、監督生活3年目に突入

レポーターからチーム監督へ
冷静さの中に熱い激情を抱く大橋監督インタビュー

──まずはチームに関わったきっかけを教えてください。

大橋逸夫監督(以下、大橋) もともと、とあるラリーショップのグラベルイベントがあって、それに参加したらそこで安藝さんと知り合ったんです。僕は主催者以外にはほとんど知り合いがいなかったので、たまたま安藝さんに声をかけたんです。もしかしたら、最初は向こうから声をかけられたのかもしれないですけど……。そこから世間話で「どんなお仕事してるんですか?」という話になり、安藝さんが「松戸でフィギュアの会社をやってます。今度遊びにきてください」と言われたので、遊びに行ったんですよ。

 その後、そのラリーショップがラリージャパン(WRC)に出るということになり、「グッドスマイルレーシングのラッピングでクルマを出すので、一緒に行きませんか」と誘われました。それで一緒に行ったんです。それから個人的にも親しくなって、GSRという会社を作る前に初代ミク号が参戦する(2008年夏の)鈴鹿に誘われたんです。それまでSUPER GTなんて見たことないし、ドライバーも全然知らないし。織戸 学選手や谷口信輝選手くらいは知っていましたが。個人的に、モータースポーツは自分で乗るのは好きなんですけど、見るのは好きじゃなかったんですよ(笑)。

初めての鈴鹿サーキット。しかし、この中にミクZ4はいない……

 安藝さんに連れられて鈴鹿に来たはいいんだけど、初めてだからパドックの場所もよくわからなかったし、どうやって入っていいのかもわからなかったし、そもそも深夜3時くらいでゲートも開いてないし。近くのネットカフェで男数人が朝まで時間を潰したのが、今でも印象に残ってますね。

 あとは、2008年最終戦の富士にも行きました。あのときは鏡音リンレンのフェアレディZが勝ちましたが、「ああ、Zだな~」みたいな感じで、このときもまださほど興味が持てず(笑)。

──なるほど、2008年は大橋さんのGT観戦デビューイヤーだったんですね。モータースポーツの観戦に興味がなかったとは意外です。2009年からは“リポーターB”、あるいは“おおはっさん”としてチームに加わりましたよね。

大橋 そうですね。2009年から、GSRが個人スポンサー向けのサービスを本格的に着手したい、その中で実況をやりたいと相談されたんです。2ちゃんねるみたいなスレッドフロート型の掲示板とかどうですかね、って言われて。いやいやいや、それはないだろうと(笑)。僕はもともとITのコンサルティングをやっていたので、レガシーなシステム(古いシステム)をそういうサービスに使うのがとてもイヤだったんですよ。

 だから、こっそりTwitterで仕組みを作ったんです。当時はまだTwitterは認知度が低かったし、よくサービスも落ちてましたが。撮影した写真をTwitterにアップしたり、その写真をどこで撮影したのかがわかるようなシステムを組んで。まだモバイルルーターもなかったので、「PHS300」っていう無線LANルーターを自腹で買いました。この頃、サーキットで何かやるための機材はなんでも自腹で買ってたんですよ。もう超漢スポンサーばりにお金を使ってました(笑)。まあ、そういうのも楽しかったからいいんですけど。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ