このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GoogleはMotorola買収後も同じ方針を示唆

必須技術特許について枠組み作りを呼びかけるApple

2012年02月15日 12時00分更新

文● 末岡洋子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CiscoとMicrosoftはAppleの考えを支持
「必要な標準技術は他社にライセンスする」

 AppleのETSIに宛てた書簡が公開された後、Cisco SystemsとMicrosoftが、業界標準についてAppleの考えを支持する意見を明らかにした。Motorolaと法廷で戦うMicrosoftの法務担当Dave Heiner氏は、「われわれは(自社が保有する)業界標準技術を他社にライセンスする。これらを根拠に、他社による製品出荷停止を求めるようなことはしない」と記している。

Microsoftは自社の業界標準技術をライセンスし、それをもとに他社に製品の出荷停止を求めないとする

 さて、GoogleによるMotorola買収がほぼ確実になったことで、今後Motorolaの特許(約1万7000件といわれる)をGoogleがどのように扱うかが注目される。ECのAlumnia氏は、買収を承認する声明文で「増加傾向にある特許の戦略的利用を中心に、引き続き携帯電話分野の全プレイヤーの行動を注視していく」と記している。

 そのGoogleは、買収承認前の2月8日付けで、アメリカの標準化団体IEEEに対し書簡を送った。そこでGoogleは、業界標準の重要性を理解しているとし、Motorolaから獲得する必須特許については、Motorolaの過去の慣行に習い、今後もRAND条項でライセンスする方針に変わりはないと約束している。同時に「RAND条項を拒否した相手に対しては、適切な法的救済策を求める権利を保有する」と記している。

 先週末には、AppleがアメリカでSamsungの「GALAXY NEXUS」の販売差止めを求めて提訴(テキスト入力のオートコンプリート、「Siri」を模倣した音声検索など4件の特許を侵害したと主張)した。訴訟合戦が終息に向かう気配は、いまのところなさそうだ。

(参照記事)

●Microsoftのブログ
http://blogs.technet.com/b/microsoft_on_the_issues/archive/2012/02/08/microsoft-s-support-for-industry-standards.aspx

●Foss PatentのFlorian Muller氏がScribdに挙げたAppleの書簡
http://www.scribd.com/doc/80899178/11-11-11-Apple-Letter-to-ETSI-on-FRAND

●Foss PatentのFlorian Muller氏がScribdに挙げたCiscoの書簡
http://www.scribd.com/doc/80985517/12-01-31-Cisco-Letter-to-ETSI-Endorsing-Apple-Position

●Foss PatentのFlorian Muller氏がScribdに挙げたGoogleの書簡
http://www.scribd.com/doc/80976133/12-02-08-Google-to-IEEE-on-MMI-Patents


筆者紹介──末岡洋子


フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン