このページの本文へ

TITAN「Dual X Holder」

エアフローレイアウトが変更できる拡張スロット用クーラーが登場

2012年02月07日 23時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 拡張スロット固定型のシステムクーラー「Dual X Holder」(型番:TTC-SC07TZ(RB))がTITANから登場。近日中に販売が始まる予定だ。

拡張スロット固定型のシステムクーラー「Dual X Holder」

 この製品は、拡張スロットに固定するタイプのシステムクーラー。この手の製品はこれまでにも多数発売されているが、同製品最大の特徴はニーズに合わせてユーザーがエアフローレイアウトを変更できるところ。標準で搭載する95mmファン(1000~1600rpm/15~27.8dBA/36.6~66CFM)は取り外しが可能で、デフォルト状態の横並びに加え、L字型に組み替えることで拡張カードを水平/垂直両方向から冷却できる。さらにクロスフレームを採用しているため、フレームをスライドすれば60~90mm口径ファンに換装することも可能だ。
 サンプル版の入荷しているパソコンショップアークによると予価は2100円。9日頃に発売される予定だ。

最大の特徴はニーズに合わせてユーザーがエアフローレイアウトを変更できるところ。拡張スロット部には、ダイヤル式のファンコントロールスイッチが搭載されている
クロスフレームを採用しているため、フレームをスライドすれば60~90mm口径ファンに換装することも可能だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中