このページの本文へ

始めよう! モバイルルーターで24時間どこでもネット生活第3回

丸わかり! モバイルルーターの月額料金プラン

2012年01月27日 12時00分更新

文● 井上繁樹、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

下り最大42MbpsのULTRA SPEEDがエリア拡大中のソフトバンクは
月額が4000円切りの3880円で利用可能!

 ソフトバンクで利用できる最も高速なデータ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応したモバイルルーターが「ULTRA WiFi 007Z」だ。通信規格として、3G(W-CDMA)をベースとしたDC-HSDPAとHSPA+を採用しており、下り最大42Mbps、上り5.7Mbpsを実現している。

 ULTRA SPEEDで用いられている1.5GHz帯のネットワークは、まだ整備途中で必ずしもエリアは広くないが(サービスエリア)、ULTRA WiFi 007Zでは「データし放題対応サブエリア」という名称で、イー・モバイルのネットワークも合わせて利用できるようになっている(サービスエリア

ソフトバンクがサービスを開始したばかりのULTRA SPEEDに対応するデータ端末「ULTRA WiFi SoftBank 007Z」

 ULTRA WiFi 007Zで加入することができる料金プランは完全定額の「データし放題フラット for ULTRA SPEED」、二段階定額の「データし放題 for ULTRA SPEED」の2タイプ。どちらも「データし放題対応サブエリア」も同時に利用できる。

 気になる月額料金は「データし放題フラット for ULTRA SPEED」が月3880円。「データし放題 for ULTRA SPEED」は月1400~4980円である(この料金はキャンペーン価格とのことだが終了時期は不明)。どちらも2年契約が前提で、途中解約には解除料として9975円が必要だ。

 なお、データ通信量の制限は前述の2つのエリアで内容が異なる。まず、ULTRA SPEEDのエリア(「データし放題対応エリア」)は、前々月の通信量が3000万パケット(約3.6GB)を超えた場合に対象となり、“一時的に通信速度を制御する場合がある”としている。また、音声通話や動画配信などの大量のデータ通信の利用時に通信速度の制御を行なう場合があると警告している。

 一方、イー・モバイル網の「データし放題対応サブエリア」は、24時間の通信量が300万パケット(約366MB)の場合に、当日の21時~翌日2時に通信速度制御が実施されるとのことだ。

ソフトバンクはキャンペーン終了時期が決まっていない。いつ終わるかわからないので、気になる人は早めに契約を!

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン