このページの本文へ

「大河ドラマ50ドライブラリー」で大河の名所を巡ろう

ごく普通の“一般人”向けの聖地巡礼用アプリ

2012年01月25日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASCII.jp読者にとって、聖地巡礼といえば鷲宮神社、湯涌温泉、秩父、多摩センター、ちょっと古いところでは守口市駅、木崎湖などが思い浮かぶところだろうが、世の中の“一般人”は必ずしもそうではないだろう。

 というわけで、あのトヨタ自動車とNHKエンタープライズが開発した一般人向けの聖地巡礼用……ではなく、大河ドラマの舞台を巡るためのスマートフォン用アプリが「大河ドラマ50ドライブラリー」だ(iTunesストアAndroidマーケット)。

 この大河ドラマ50ドライブラリーは、iPhone/Android向けに公開されており、歴代大河ドラマに登場した観光名所やドラマ内の名エピソードなどの情報が得られるほか、作品で登場したスポットへのマップ上での表示、さらにドライブスポットで位置登録をすると、アプリ内のアバターが成長する機能などが用意されている。

大河ドラマで扱われた名所の情報がチェックできる。ちなみに個人的に好みの大河は「花の乱」とスカパーで見た「草燃える」だ

 現時点は「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)、「秀吉」(1996年)、「竜馬がゆく」(1968年)、「天地人」(2009年)、「平清盛」(2012)年の5作品についてデータが配信されているが、今後51作品のすべてで順次公開予定である。

 

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中