このページの本文へ

業務用だけど多機能なNEC製“純国産”Androidタブレット

2012年01月21日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NEC製の“純国産”業務用Androidタブレット「LifeTouch クラウドコミュニケーター」がイオシス中央通店に入荷した。

NECロゴの入った「LifeTouch」。タッチディスプレーは感圧式で、背面にはスタイラスペンを搭載する

 LifeTouchはNECが主に企業向けに販売している業務用の7型Androidタブレット。今回のように一般ユーザー向けに店頭販売されるのは珍しい。

 タッチディスプレーが感圧式と静電容量式の2モデルがあるようだが、今回入荷を確認したのは感圧式モデルとなる。

 画面サイズは7型(800×480ドット)で、CPUには「ARM Cortex A8」を採用。384MBのメインメモリーのほかストレージ用に1GBのフラッシュメモリーを搭載する。また、外部メモリーとして最大32GBのSDHCカードが使用可能だ。

 性能自体はさして高くはないものの、GPSやBluetoothを内蔵するなど、業務用ながら豊富な機能をもつのが特徴。さらに面白いのは、同製品がメイドインジャパンの純国産品だということ。中華タブレットがあふれる昨今においては逆に珍しい存在といえる。

 ショップによると「今は様子見だが、場合によっては大量仕入れも可能」とのことなので、興味がある場合は問い合わせてみるといいだろう。

本体側面にはホスト機能を持つUSBポートを搭載。性能の割に搭載機能はなかなか豊富

 本体サイズは幅220×奥行き120×高さ14mmで、重量は約370g。IEEE 802.11b/gの無線LANに対応。搭載OSはAndroid 2.2で、Androidマーケットも利用可能となっている。1年のメーカー保証付きで、価格は1万4800円。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン