このページの本文へ

1カ月間の特別無料アカウントも用意

グリー、アプリ開発者にクラウド管理「RightScale」提供

2012年01月23日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月20日、グリーは同社のSNS「GREE」でソーシャルアプリを開発するディベロッパー(GREEパートナー)に対し、米ライトスケール(RightScale)との共同によりクラウド統合運用管理ツール「RightScale」を提供すると発表した。

「RightScale」利用のイメージ

 RightScaleは、異なるベンダーのクラウドを同一のユーザービリティで管理することが可能になるサービス。国内ではIDCフロンティアのクラウドサービスが初めて対応しており、GREEパートナーは、Amazon Web Serviceなど世界のクラウドサービスと並んでIDCフロンティアのクラウドサービスを利用できる。実績あるサーバーテンプレートの有効活用によって、各社のクラウドへ効率的に設定内容を反映できるようになり、運用負荷が軽減されるとしている。

 また、GREEパートナーに対しては、特典プランとして「RightScale」の有償版機能を試用できる1カ月間の特別無料アカウントを提供する。

カテゴリートップへ

ピックアップ