このページの本文へ

安価で高品質なBluetoothキーボードに省電力モデル登場

2012年01月20日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バッファローコクヨサプライからBluetooth 3.0対応無線キーボード「BSKBB06BK」が発売された。メーカーからはブラックとホワイトの2モデルがアナウンスされているが、入荷を確認したのはブラックのみ。パソコンハウス東映にて3230円で販売中だ。

コンパクトで持ち運びも可能な「BSKBB06BK」。従来モデルより大幅な省電力化に成功した

 BSKBB06BKは去年3月に登場したBluetooth 2.0対応キーボード「BSKBB01BK」の後継モデルとなる製品。電力管理機能を強化することで省電力性を向上させたBluetooth 3.0に対応し、メーカー公称で電池寿命が従来の2倍以上となる約7ヵ月に向上した。安さが特徴の前モデルからは価格が若干上昇したものの、電池消費を考えれば十分納得できるレベルといえるだろう。

 デザインなどは前モデルとほとんど変わらず、安価ながらクオリティの高さは健在。キーの間隔を空けた「アイソレーション構造」を採用し、キースイッチは指への負担が少ないパンタグラフ方式。キーピッチは通常のキーボードに近い17mmで、キーストロークは2.3mm。83キーのテンキーレスレイアウトで、持ち運びも可能なコンパクトサイズに収まっている。

Mac/PC切り替えスイッチを搭載。ただし、Mac(iOSなど)使用時には一部記号表記が異なるため、入力の際は注意しよう

 その他の特徴として、Mac/PC切り替えスイッチを搭載していることがあげられる。これはiPhoneなどMac英語配列の端末を使用する際、「変換」「無変換」キーを「英数」「かな」キーとして使用できるようにするもの。それ以外は日本語配列のままなので、入力の際は一部記号表記などが異なる点に留意する必要があるだろう。

 本体サイズは幅266×奥行き124×高さ21mmで重量は約283g。通信距離は最大約10mで、対応プロファイルはHID。動作には単四電池2本を使用する。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン