このページの本文へ

スマホの機能を徹底チェック 最強スマホ&サービスはコレ! 第28回

初代Xperiaは今でも最新機種と同じように使える?

2012年01月18日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

最新のXperiaを使って気付いた点を改善

 今回は初代XperiaとともにXperia rayもテストで用いている。そこで気づいたのが、Xperia rayはアプリメニューが横スクロールなのに対し、初代では縦スクロール。またアプリの並び替えも初代では不可能だ。そこでホームアプリを追加して改良を試みた。

「GOランチャーEX」で横スクロールに対応

GOランチャーEX 2.76

作者:GO Launcher Dev Team
価格:無料


 ホーム画面に電話機型のわかりやすい通話アイコンが表示されアプリメニューは横スクロールになる。アプリアイコンの非表示(隠す)も可能だ。

GOランチャーEX

「AmbientTime Home」でアプリメニューの並び替え

AmbientTime Home 1.1.0

作者:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
価格:無料


 こちらはソニー・エリクソンが提供しているホームアプリ。縦スクロールのままだが、アプリの並び替えはXperia rayと似た形で可能だ。全体的にシンプルな印象になる。

AmbientTime Home


 また他機種を使っていて気付くのだが、通知(ステータス)バーの部分に無線LANやBluetooth、航空機モードのON/OFFボタンが無いのが不便だ。こちらは次のアプリを使ってみた。

「スーパーステータスバー」でステータスバーの機能を強化

スーパーステータスバー 0.10.10-1b

作者:FireZenk
価格:無料


 無線LAN、Bluetooth、航空機モードのほか、GPS、音量などもON/OFFできる。ただしバーを開くときと、各ボタンを押してから有効になるのに少し時間がかかるのが気になった。

スーパーステータスバー

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン