このページの本文へ

au 2012年春モデル発表会 ロゴまで変えたauの本気を見た第6回

フィーチャーフォンから乗り換えやすい

INFOBARの第2弾はテンキー付きコンパクトボディ

2012年01月16日 20時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインするiidaブランドのスマートフォン、「INFOBAR」シリーズに第2弾が登場した。その名も「INFOBAR C01」。最大の特徴はケータイ時代のINFOBARを彷彿とさせるテンキーを備えたストレート型の端末デザインだ。

 ボディーサイズは幅52×高さ130×奥行き12.3mmと非常にコンパクトで、しっかりと手で握れるからホールド性も高い。ディスプレーは3.2型TFT液晶(480×854ドット)を搭載。もちろんタッチパネルなので、テンキーとタッチの2通りの操作方法がある。フィーチャーフォンに慣れている人はテンキーが安心できるだろう。また、三種の神器(ワンセグ、FeliCa、赤外線)も装備されているので、使い勝手もいい。また、CPUには1.4GHzのクアルコム製MSM8655が搭載されている。

 ホーム画面のインターフェースは「INFOBAR A01」でお目見えした「iida UI」が引き続き採用。ただし、小型化されたディスプレーやテンキー操作用に最適化されたという。カラバリは「NISHIKIGOI」「ICHIMATSU」に加えて、インパクトがあるニューカラーである「KIIRO」の3色。発売は2月上旬以降だ。

スマホでは珍しいストレート型端末。一見、フィーチャーフォン? と勘違いしてしまいそうだ
テキストはテンキーで入力することもできるし、タッチパネルからの入力もOK。フルキーボードも使うことができる美しく使いやすいiida UIは健在。ロック解除画面からよく使う機能(電話、メール、カメラなど)にショートカットできるのは便利
正面向かって左側には電源と音量調整のボタンのみそして反対側にはINFOBARのロゴのみで、ボタンやコネクター類は一切ナシ!
下部には充電するためのmicroUSBコネクター上部はつんつるてんで余計なものはないシンプルさ
「INFOBAR C01」の主要スペック
メーカー シャープ
ディスプレー 3.2型液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ 約52×130×12.3mm
(最厚部約12.5mm)
重量 約106g
CPU MSM8655 1.4GHz
OS Android 2.3
WiMAX対応 ×
WIN HIGH SPEED
国際ローミング CDMA/GSM
カメラ画素数 約804万画素CMOS
バッテリー容量 1020mAh
FeliCa
ワンセグ
赤外線
防水 ×
メール(@ezweb.ne.jp)
Cメール
連続待受時間 約350時間
連続通話時間 約370分
カラバリ NISHIKIGOI、ICHIMATSU、KIIRO
発売時期 2月上旬以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン