このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

International CES 2012特集 第9回

WUXGAのタブレットも登場!? ASUSブースで最新PCをチェック

2012年01月12日 18時12分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

おしゃれなZENBOOKカラバリモデルに
Ivy Bridge搭載ノートも出展!

ZENBOOKにカラーバリエーションモデルが登場。こちらのカラーは「Hot Pink」。ベースは11.6型モデルである

 次なる注目のASUS製品は、Ultrabook「ZENBOOK」シリーズのカラーバリエーションモデルである。上の写真は11.6型ディスプレー搭載の「UX21」をベースにしたもので、ディスプレー天板が紫色に近いピンクをした「Hot Pink」カラーのモデル。キーボードの印字も同系色となっている。

 下の写真は13.3型ディスプレー搭載の「UX31」をベースにしたもので、色の名称は「Rose Gold」。ゴールドと言ってもシックな色合いで、悪目立ちしていない。従来機種と似ているように見えるが、ディスプレー天板がゴールドになっているのが、わかりやすい大きな違いとなっている。

こちらは「Rose Gold」。ベースモデルはUX31

 ハードウェア仕様面では、既存のUX21/UX31シリーズと特に違いはないようだ(日本で販売されているモデルとは異なる可能性がある)。Rose Goldなどは男女問わず日本でも人気が出そうな色合いだけに、発売を期待したい製品である。

 ノートパソコンの新製品では、インテルの次期主力CPUであるコード名「Ivy Bridge」を搭載した製品が2点ほど出展されていた。ハイスペックなゲーミングノート「G」シリーズはIvy Bridgeを搭載するほか、15.6~17.3インチのフルHD解像度の3Dステレオ表示対応ディスプレーも搭載可能。GPUも詳細不明ながら、GeForceシリーズの「ゲーミング向け」を採用するという。

Ivy Bridge搭載のゲーミングノート「G」シリーズ。3D表示対応ディスプレーも選べる

こちらはオーディオ重視のスタンダードノート「N」シリーズ

 もう1製品の「N」シリーズは、オーディオ品質を重視したスタンダードノート。ディスプレーサイズは14/15/17インチのバリエーションがあり、フルHD解像度も選択可能。NVIDIA製GPUも内蔵する。キーボードのベゼル部分に点々と穴が開けてあり、ベゼル自体がスピーカーのネットのような印象を受けるデザインとなっている。

電源ボタン周囲の拡大写真。ベゼルに開けられた穴が、スピーカーをイメージさせる配列で左右対象に並ぶ

最新Atomでネットブック・
ネットトップもまだまだ続く?

 タブレットの普及やUltrabookの登場で、日本市場ではすっかり存在感の薄くなったネットブック。米国でも家電量販店を見る限り、その傾向は同様のようだが、ASUSTeKの新製品には、Eee PCシリーズのネットブックがラインナップされている。価格を武器に、新興国市場ではいまだ需要があるということだろうか。

12.1インチLEDバックライトディスプレーを搭載する「Eee PC 1225C」

こちらはファンレス設計の10.1インチディスプレー搭載ネットブック「Eee PC X101CH」。残念ながらバッテリー駆動時間は約4.5時間と短め

 出展されていたEee PCブランドのネットブックは、いずれもCPUは「次世代インテルAtomプロセッサー」とだけ書かれていた。おそらくは「Atom N2x00」という名称が噂されている新Atom(Cedar Trail)シリーズを採用すると思われる。

 ネットトップ製品も健在で、薄型でスタイリッシュな縦型ボディーのネットトップ「EeeBox PC EB1031」がラインナップされている。こちらはCedar Trailのデスクトップ版Atom D2700(2.13GHz)を採用し、320GB/500GB HDDやUSB 3.0ポートを備えるという。光学ドライブは持たない。

薄型ネットトップ「EeeBox PC EB1031」。前面にUSB端子が4ポートも用意されている

 想定価格帯はともかく、ネットトップのサイズであればCPUにCore iシリーズを採用することも不可能ではないだろうから、あえてAtomにこだわる必要はないのではないかと思う。それでも新興国市場には一定のニーズが期待できる……ということだろうか?

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン