このページの本文へ

AREA「Mr.Clone3」

HDDをコピーするSATA3.0対応デュプリケーターが来週発売

2012年01月10日 22時05分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SATA3.0インターフェースに対応したHDD/SSDデュプリケーター「Mr.Clone3」(型番:SD-SSU3C)が来週にもエアリアから発売される。

来週から発売が始まるというSATA3.0インターフェースに対応したHDD/SSDデュプリケーター「Mr.Clone3」

 同製品は、すでに発売済みの従来モデル「Mr.Clone」のSATA3.0対応版。内部コントローラーがSATA3.0に対応したことでクローンスピードが約16%向上。また、外部インターフェースもUSB 2.0からUSB 3.0に変更されたことで、変換アダプターとして使用する際の転送速度も大幅に高速化されているのがポイントだ。
 さらにデュプリケーター機能を使えば、スタンドアローンでのHDDやSSDのクローン作成が可能。フォーマット形式を選ばない「セクターコピー」を搭載しているため、FATやNTFS以外にも、ゲーム機やPCのリカバリー用データといった特殊フォーマットのドライブもクローン化できる。ちなみに、コピー状態を視認できる4段階LEDを搭載し、単体で進行状況を確認することができる。
 そのほか、外部接続用のUSB 3.0ポートで接続すれば、PCの外付けドライブや、PS3、REGZA、ビエラの録画用ドライブとしても使用可能だ。
 ツクモパソコン本店によると発売は来週とのこと。エアリアによる予価は4280円前後となっている。

内部コントローラーがSATA3.0に対応したことでクローンスピードが約16%向上。また、外部インターフェースもUSB 2.0からUSB 3.0に変更されたことで、変換アダプターとして使用する際の転送速度も大幅に高速化されている

※お詫びと訂正:記事初出時、誤った製品型番を記載しておりました。記事を修正してお詫びいたします。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中