このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

MacPeopleで知る、激動の2011年とMac/Windowsの関係

MacPeople編集長、「WindowsはMacに入れて使え!」

2011年12月30日 12時00分更新

文● 広田稔(kawauso3)、語り●吉田博英(MacPeople編集長)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Mac歴26年(!)の時任三郎さんが登場
タブラ奏者ユザーンさんの新連載もスタート

 今号の「People Watching」のページでは、Mac歴26年という時任三郎さんを4ページにわたって紹介してます。そして新しく、タブラ(インドの古代打楽器の一種)奏者、U-zhaan(ユザーン)さんの新連載「ユザーンの川越コンピューター学園」が始まりました。初回のゲストは、なんと坂本美雨さん(関連記事)。

「People Watching」には、Mac歴26年という時任三郎さんが登場

ユザーンさんの新連載「ユザーンの川越コンピューター学園」。ゲストは、坂本美雨さんだ

── スゴい。でも、なんでまたユザーンさん? しかも、衣装が学ランとセーラー服なんですか……。

吉田 ユザーンさんは、ぶっちゃけ編集部にいたデザイナーさんのつてで、漫画「モテキ」の作者、久保ミツロウさんと一緒に飲んだんだよ。そこで「なんか連載やりましょうよ」って話をしてて、実現させてもらったという。学園モノにしようとしたのは久保ミツロウさん。今後もビッグゲストを準備しているので、ぜひご期待ください。

来年はハードウェアの革新に期待できる!?

── 最後に、来年のアップル関連業界はどうなりそうかという予想も聞いていいですか?

吉田 今年は激動の年だったけど、冷静に見返すと、ハードウェアは革新的なものは出してきてないんだよね。iPad 2は確かに注目を集めたけど、年度で言えば2010年度だよね。iPhone 4Sは、もっとイノベーティブな端末が出ると期待してた人にとっては肩すかしだったのかも。Macにいたっては、外観はほとんど変わってないしね。そんな状況にも関わらず、製品が売れまくって、8月には時価総額で世界1位になってしまったというのはスゴいんだけどね。

── 確かに。この勢いは来年も続きますかね?

吉田 今期が堅実なアップデートだけだったぶん、来年は新ジャンルの投入とかで相当盛り上がるんじゃないかな。iPhoneについても、3G→3GS、4→4Sといった感じで、2年周期で新機軸を投入してく感じだし。わくわくするハードウェアが出てくることを期待しちゃいますよね。

Mac People 2012年2月号と、カラー64ページの特別付録小冊子「MacPeople Basic: Mail」

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中