このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記第51回

オフシーズンも活発にイベントを続けるイカ娘チームをレポート

2011年12月22日 18時00分更新

文● 末岡大祐&ぶちょー/電アスレース部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

イカ娘フェラーリを振り返る Part.2
ドライカー・山岸選手編

 19日には、12日に続いてイカ生「侵略27.山岸大と振り返る2011年SUPER GT」が放送された。当初はイカ兄さん・山岸選手の独演会の予定だったが、たまたま当日都内に来ていたイカニック・マッキーとエンジイカ・小藤さんの2人もLMP CARSに呼ばれ、トリオで視聴者からの質問に答える賑やかな番組となった。

 ここでは、放送の中から特に印象に残ったQ&Aをピックアップして紹介する(イカ敬称略)。

Q:今年(2011年)ライバル視していたクルマはどれでゲソか?

A:ライバルがどうこうというより、自分たちの掲げた目標がなかなか達成できないもどかしさがあった(山岸)
 ミクちゃんの前に一度は行きたかったけど、残念ながら行けなかったなぁ~(小藤)
 同じフェラーリのタイサン(#41 F430 S-GT)より前に! と思ってた。できれば、JIMゲイナー(#11 458GTC)の前にも行きたかったけど(マッキー)

Q:イカ兄さんはドライバーとして、体調管理に気をつけていますか?

A:適度に食べて、適度に運動すること。あと、ボクはサプリメントオタクですから、食物繊維を多めに、糖分は控えめ。たまにポッキーも食べるけど(山岸)
 山岸さんって、見るたびにスナック食ってません? ま、お酒は飲まないけど(小藤)
 こまめにトレーニングするのが、体調管理に効いているんですよ。マッキーも少しはトレーニングするべき!(山岸)
 体調管理してますよ! (ぷよぷよな二の腕をつまんで)この「ミートテック」を維持するの大変なんだから。方法は企業秘密ですけど(キリッ (マッキー)
 グラム5000円はする高級品だよね、このミートテック(笑)(小藤)

Q:来年のGT300に出てきそうなクルマで、コレ乗ってみたい、(エンジニア的に)使ってみたい車はどれでゲソ?

A:458には乗ってみたいね。それも日本仕様じゃなく欧州仕様。音がむちゃくちゃいいんだよ。直噴で、速くて、しかもカッコイイ(山岸)
 フェラーリは面白いですよ。テクニカルな部分のサポートがあって、マニュアルを読むだけでも(メカニック的に)すんごく面白い。さすがイタリアのクルマだなと思う(マッキー)
 来年勝てるのは、ずばり「セリカ」!(※編集部注:トヨタ・セリカはすでに生産終了です!!) どっかの倉庫から掘り起こしてきてエンジン周りを2012年仕様にしたら、間違いなくぶっちぎりですよ。今もタイでは走ってるみたい。(売値は)50万くらいかな? 買ってきますか?>山岸さん 来年は「イカセリカ」だ(笑)(小藤)

Q:イカ娘にすっかり侵略されたLMP CARSの店内。高級外車を買いに来たお客さんの反応はどうですか?

A:一般の(クルマ目的の)お客さんは、これ意外なんだけど、まるで無反応です。「なんで?」とか質問されると思って、想定問答集も作っておいたのに使う機会がない(山岸)

 もうすっかり見慣れたけど、F40やF360の脇にイカちゃんのフィギュアが山のように並ぶショールームって、シュールだよね~(小藤)
 ちなみに、まだ検討中ですが、期間限定でLMP CARSを「ここってアキバ?」と思うような展開にしちゃいます。イカちゃんファンの楽しい集いの場になるように、準備中です(山岸)
 「おかえりなさいませ、ご主人さま~!」とか?(小藤)

Q:気の早い話ですが、来年のイカちゃんカラーリングはどうなりますか?

A:mocoさんが考えてます。たぶん(アニメの)2期の可愛いところになるのかな? ポニーキャニオンさんと打ち合わせ中なので、はっきりしたことは言えませんが(山岸)
 黒ベースもいいですよ。欧州では黒いフェラーリが走ってて、それがまたカッコイイ!(マッキー)
 ちなみに、mocoちゃんはイカ生ではちょっとおバカっぽいキャラに見られてるかもしれませんが、あれ全部アドリブ。スゴイんです。生まれつき女優なんですよ。来年の構想も、mocoが中心になっていろいろ考えてますから、お楽しみに~。2月中旬には参戦発表会&飲み会、やります!(山岸)



 さすがにシーズン終了から1ヵ月の段階では、未確定要素も多い。実際SUPER GTの参戦発表は年明けのオートサロン(1月開催のチューンナップ・ドレスアップの祭典)以降が多い。

 ミクGTチームも、2月のワンフェスが体制発表の場とされているし、チームによっては3月まで発表しないところもある。そんな中でイカ娘チームはブログやイカ生、同胞会などのリアルイベントで積極的に情報発信している希有なチームと言える。これからも公式ブログやツイッカー(公式Twitter)を要チェックだ!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ