このページの本文へ

「ProLiant DL385 G7」など5機種が登場

HP ProLiantに最大16コアのOpteron 6200搭載サーバー

2011年12月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月20日、日本ヒューレット・パッカードは最大16コアに対応するAMDのサーバー向け最新CPU「Opteron 6200」シリーズを搭載したx86サーバー「HP ProLiant サーバー」5機種を発表した。

Opteron 6100搭載モデルと比べ整数演算で23%の性能向上を果たした「HP ProLiant DL385 G7」

 新モデルは、最大で4プロセッサー/64コアの構成が可能で、仮想化テクノロジを利用したサーバー統合、クライアント統合に加え、データベース、ハイパフォーマンスコンピューティングなどの大規模処理が求められる用途向けに優れたコストパフォーマンスと生産性を提供するという。

新モデルの価格
モデル名形態価格
HP ProLiant DL165 G71Uラックマウントサーバー23万円
HP ProLiant DL385 G72Uラックマウントサーバー45万7000円
HP ProLiant DL585 G74Uラックマウントサーバー126万6000円
HP ProLiant BL465c G7ハーフハイトブレードサーバー28万6000円
HP ProLiant BL685c G7フルハイトブレードサーバー119万2000円

 この最新プロセッサーを搭載した「HP ProLiant DL385 G7」のSPEC CPU2006ベンチマークによる性能比較では、従来のAMD Opteron 6100シリーズ搭載モデルに比べて、整数演算で23%、浮動小数点演算で13%の性能向上を実現。データベースやHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)の実行環境として大規模処理を短時間で実現し、生産性向上に寄与するという。また、従来モデルに比べてラックあたり2048コア(従来比33%増)を実現し、集約による設置スペースコストの削減が可能となった。

 さらに新プロセッサーはコアあたり価格を最大64%低減、同等価格の製品比較では2倍のコア数を提供し、サーバー/クライアント仮想化の初期導入コストの削減に寄与するとしている。

 また、従来から継承している、ネットワークの帯域/ポート数不足を解消する「HP Virtual Connectテクノロジー」、80PLUS Platinum認定パワーサプライおよび消費電力の上限値を設定できる「HP Dynamic Power Capping」などの節電テクノロジーを搭載。大規模処理を低消費電力でバランスよく実行可能な最適なプラットフォームを提供する。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!