このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks第66回

オンラインストレージ「SkyDrive」はiDiskの代替になるか?

2011年12月16日 21時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iOSアプリ版SkyDriveの利用価値

 しかし、iOSアプリ版SkyDriveは、、肝心なところは押さえている。オフィス文書をプレビューしているとき、画面右上の「→」ボタンをタップすると、Office Web Apps用のリンクを送信できるのだが、そのとき「表示のみ」と「表示と編集」のどちらかを選択できるのだ。作業の指示には役立つはずで、この機能だけでもSkyDriveの利用価値はある。

iOSアプリ版SkyDriveでは、リンクの送信機能を便利に使える。WordやExcelの文書を共同で編集したい向きには重宝するはずだ

 Macとファイルを受け渡しする場合も、ウェブブラウザーを利用する点が気に入らなければ、前述のMac Cloud ToolsでFinderから操作できる。SkyDriveの25GBというストレージエリアは、写真や動画など容量がかさ張るファイルの保管場所として十分なうえ、無償というありがたさだ。

 Mac Cloud Toolsは、クラウドサービスSMEStorageの一部という位置付けであり有償(29.99ドル)だが、高速なAmazon S3にホスティングされた2GBの領域は無料で利用できるため、それ以上の負担はない。特にSkyDriveとの組み合わせは、実用性十分といえるだろう。

SkyDrive App
価格無料 作者Microsoft
バージョン1.0 ファイル容量4.4MB
カテゴリー仕事効率化 ユーザーの評価(4.0)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中