このページの本文へ

Xi対応スマートフォンはこのポイントをチェック!

発売されたXi対応スマホ 実際に使ってその魅力を探る

2012年01月11日 15時00分更新

文● ヤシマノブユキ、オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ほぼ全部入りの充実機能
軽量コンパクトな本体も魅力
「ARROWS X LTE」

 デュアルコアCPUや高解像度ディスプレーなど、ハイエンド機種に求められる機能に加え、おサイフケータイ/ワンセグ/赤外線通信/防水など、国内のユーザーが求めている機能を、しっかりと搭載したのが「ARROWS X LTE」(富士通製)だ。

 そんなに機能が載っていたら、どんなデザインなのだろう……と思いきや、最厚部でも約9.9mmという薄型ボディーだ。重量も約124gと今回紹介する4機種中最軽量である。

 主要スペックを見ていくと、まずディスプレーは約4.3型液晶で、画面解像度は720×1280ドット。この高解像度は本記事でも紹介しているように、ウェブブラウザーで大いに威力を発揮する。CPUもデュアルコアのTi「OMAP4430」(1.2GHz)で快適そのものだ。

 さらにカメラは約1310万画素の裏面照射型CMOS「Exmor® R for mobile」を搭載。高感度/低ノイズの特性を活かして、夜景の撮影なども期待が持てる。カメラこだわり派にもオススメできる存在だ。

 このほかDLNA/DTCP-IP機能に対応し、DLNAに対応したBDレコーダーなどに録画した番組を家庭内LAN経由で視聴できる(※6)。アウトドアやビジネスシーンはもちろんのこと、自宅でコンテンツを楽しむのにも適した1台と言えるだろう。

Magentaの背面はグラデーションが美しい。前面のキーはハードキーを採用
防水対応でコネクター周りのキャップはしっかりとしたものだ。カメラは約1310万画素の裏面照射型CMOS
サウンドをFMの電波で飛ばす「FMトランスミッター機能」も搭載。手書き入力にも対応している

※6:対応機器についてはFMWORLDに掲載予定です。

著作権保護技術DTCP-IPに対応したDLNAサーバーに録画・保存された地デジ番組が対象となります。すべてのDLNA対応機器との連携を保証するものではありません。なお、コンテンツによっては再生できない場合があります。また、地デジ番組のストリーミング視聴時は、無線LAN接続はIEEE802.11nでの接続を推奨します。

ご利用には、家庭内無線LAN環境が必要です。

ヤシマはこう見る!

 最先端のハイスペック機種とは思えないほど軽量コンパクト。しかも防水対応なのでどこへでも持って行ける。リアカメラも約1310万画素と高画質なのに加え、トイカメラ風のエフェクトなどの楽しめる機能も充実していて、遊べる1台だ。個人的には、歩数計やスッキリ目覚ましなど、健康管理アプリが充実しているところも注目した。

「ARROWS X LTE」の主要スペック
メーカー 富士通
ディスプレー 約4.3型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ(W×H×D) 約64×129×9.8mm(最厚部約9.9mm)
重量 約124g
CPU Ti OMAP4430 1.2GHz
(デュアルコア)
OS Android 2.3
Xi
FOMAハイスピード
(下り/上り)
7.2Mbps/5.7Mbps
カメラ画素数 リア:約1310万画素CMOS/イン:約130万画素CMOS
バッテリー容量 1400mAh
Wi-Fiテザリング
おサイフケータイ
ワンセグ
赤外線
防水
おくだけ充電 ×
miniUIM
連続待受時間(LTE) 約200時間
連続通話時間 約340分
カラバリ Magenta、Blue Black

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン