このページの本文へ

Xi対応スマートフォンはこのポイントをチェック!

発売されたXi対応スマホ 実際に使ってその魅力を探る

2012年01月11日 15時00分更新

文● ヤシマノブユキ、オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人気モデルのLTE対応バージョン
滑らかな操作感と有機ELに注目
「GALAXY S II LTE」

 ドコモ スマートフォンの中でも、すっかりおなじみの存在となった「GALAXY S」シリーズ。そのGALAXY Sシリーズ初のLTE対応モデルが「GALAXY S II LTE」(サムスン電子製)だ。

 サムスン電子自慢のスーパー有機EL「SUPER AMOLED Plus」ディスプレーは約4.5型に大型化。CPUも1.5GHzデュアルコアの「Snapdragon APQ8060」を搭載するなど、スペックが大きく向上している。

 実際に使ってみて感じるのは、とにかく滑らかな操作感。従来モデルの「GALAXY S II」でも同じ印象を受けたが、CPUが強力になったことで、さらなる完成度の向上を実感した。Xiによる超高速通信のメリットも大きく、Xiエリア内であれば、処理速度と通信両方の高性能を存分に享受できる。

 GALAXY Sシリーズならではの特長としては薄型ボディーと有機ELディスプレーの2点が挙げられるが、もちろん本機でも継承されている。本体サイズは約69×130×9.5mm(最厚部約10.8mm)、重量も約130gで、大画面から受ける印象からすると驚くほど薄く、そして軽い。

 前述したスーパー有機EL「SUPER AMOLED Plus」ディスプレーは、これまで以上に色が鮮明で、それでいて明るい表示であり、テキストを見るときも動画を楽しむときも、どちらでも適したディスプレーに感じる。

 GALAXY Sシリーズの美点はそのままに、さらに進化した存在として、今回も人気モデルになること間違いなしの1台だろう。

リアカメラは約810万画素。ホームボタンがハードキーなのはGALAXY Sシリーズのデザインを継承している
GALAXY Sシリーズ独自のUIも、本機でも搭載されている
標準アプリの高機能さもGALAXY Sシリーズの特徴。さらに本機にはNFCも搭載されている

ヤシマはこう見る!

 GALAXY Sシリーズの中でも高速なCPUを搭載し、操作感はとにかく良好。特にウェブブラウザーの反応がよく、ズームやスクロールは数あるAndroid™ スマートフォンの中でも随一と感じた。半歩先行く感じが魅力的だ。

「GALAXY S II LTE」の主要スペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 約4.5型スーパー有機EL
(SUPER AMOLED Plus)
画面解像度 480×800ドット
サイズ(W×H×D) 約69×130×9.5mm(最厚部約10.8mm)
重量 約130g
CPU Snapdragon APQ8060 1.5GHz
(デュアルコア)
OS Android 2.3
Xi
FOMAハイスピード
(下り/上り)
14Mbps/5.7Mbps
カメラ画素数 リア:約810万画素CMOS/イン:約200万画素CMOS
バッテリー容量 1850mAh
Wi-Fiテザリング
おサイフケータイ ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 ×
おくだけ充電 ×
miniUIM ×
連続待受時間(LTE) 約250時間
連続通話時間 約350分
カラバリ Dark Gray、Ceramic White

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン