このページの本文へ

iPhone対応プロジェクター「BenQ GP2」特集 第1回

Life's Short. Enjoyment Matters!!

パワポも映画もOK!iPhoneが使えるプロジェクター「GP2」

2012年02月20日 13時00分更新

文● ニンジャ盛田/ASCII.jp編集部 提供● BenQ Japan

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

軽い!小さい!そしてかわいい!

 さて使うでござるよ! とまず箱から出し、手に持ってみて驚かされる。小さい。そして軽い。565gだ。手のひらサイズというか、普通に小さめの肩かけトートに入ってしまう。狭い家のどこかにプロジェクターがドスーンと考えると最高に気づまりだが、これなら全然大丈夫。というか普通にデザインが良いので、机にポンと置いておいても違和感がない。

めっちゃ小さい。そして軽い!
すばらしく小さいので使わないときは机にポンと置いておけばいい。やだ、かわいいじゃない…

 映したい場所を決めたら電源オン。LEDなので起動が早く、すぐにフィーンとメイン画面が映し出される。ファンノイズは29dB、ささやき声くらいで気にならない。本体にスピーカー(2W×2)が付いているので、そこから音を出せばノイズはほぼ完全に聴こえなくなる。

 つづいて画面をリモコン/コントロールパネルでピッピッと動かして読み込ませたいデータを選ぶ。これがPSPのメニューみたいなイメージで分かりやすく、なかなか使いやすい。投影する壁の色を選んだり、自動的に電源を切るタイミングも、ボタン1つで決められる。

 なにげにうれしかったのが、高いところに映すときも、映像が台形にゆがまないように自動調整する機能(自動キーストーン)。リモコンのボタンから手動で調整もできるが、自動で変わってくれるのはかなり便利だ。

PSPのメニュー(クロスメディアバー)みたいなメイン画面。ここからピッピッと映したいモノを選ぶ。簡単!
自動キーストーン・オフ。見上げるように映しているため、映像が台形にゆがんでしまった自動キーストーン・オン! 壁の角度を認識し、映像がちゃんと四角形に補正された

 入力端子はミニD-sub15ピン/HDMI/コンポジット入力と、デジタルからアナログまでかなり自由度が高い。変換ケーブルが付いてくるので、PSPなどをつなげたいときはケーブルを使えばOKだ。

付属のケーブルでPSPもつなげられる。大画面でゲームが捗るでござるよ!

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン