このページの本文へ

編集部が選ぶ ASCII.jpベストバイ ― 第16回

先週の注目はXiスマホの第2弾

編集部オススメのデジタル製品はコレだ!(11月27日~12月3日)

2011年12月09日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週の1週間の間にASCII.jpが取材/紹介した、すべてのデジタル機器の中で、デジモノに目がない編集部員が特に注目した、読者にも注目してほしい製品をピックアップする「ASCII.jpベストバイ」。今回の注目はXiスマートフォン第2弾となるLG製の「Optimus LTE L-01D」だ。

グロバール端末のよさを持ちながら
ワンセグ、おサイフケータイにも対応

 先週の注目製品は、発売日が12月15日と発表されたドコモのXi対応スマートフォン「Optimus LTE L-01D」だ。

 ASCII.jp編集部でもテスト機を実際に使ったが、LGエレクトロニクスの関連メーカーが製造した「True HD IPS」液晶の自然な発色が非常に印象的。有機EL系の鮮やかな発色とは明白に異なる特長を持っているので、どちらを購入するか迷っている人は、実際に店頭などでデモ機を触って、チェックした方がいいだろう。

 もともとがグローバル端末をベースにしている分、高いスペックが特徴的だが、Optimus LTEでは国内ユーザー向けにワンセグとおサイフケータイの両機能にも対応してきた。カラバリのレッドもなかなか派手で人気が出そうな1台だ。

先週のベストバイ NTTドコモ「Optimus LTE L-01D」
メーカー LGエレクトロニクス ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 720×1280ドット CPU APQ8060 1.5GHz
バッテリー 1800mAh 担当の
オススメ度
★★★★☆(4.5)
注目の理由 高解像度でかつ、自然な発色が魅力のIPS液晶が一番の魅力。Xiの高速通信を活かせるパワフルなCPUに加えて、バッテリーも1800mAhと大きめ。ワンセグ/FeliCaも便利だ。

Ultrabook特集からは「dynabook R631」に注目

 先週はUltrabook特集も掲載している。国内メーカーモデルとしては、東芝の「dynabook R631/28D」がラインナップ。Ultrabookのコンセプトを守るべく、8.3~15.9mmという薄型ボディーを採用しながら、有線LANやD-Sub15ピンコネクターを巧みに配置するなど、機能を制約していないのが魅力的だ。


 そのほか、先週紹介した他の注目製品についてもピックアップしていこう。

エプソンダイレクト「Endeavor TY5000S」 (拡張性が高いタワー型PC)
ASUS「ZENBOOK UX21E」 (11.6型のコンパクトなUltrabook)
レノボ「IdeaPad U300s」 (実はハイスペックなIdeaPad)
Acer「Aspire S3-951-F34C」(HDD搭載で8万円を切るお手頃ノート)
シンセイコーポレーション「URoad-Home」」(据え置き型WiMAXルーター)
ソニー「DEV-3」」(3D動画が撮影できるデジタル双眼鏡)
DENON「DNP-720SE」(お手頃価格のネットワークオーディオ)
ポラロイド「Z340」(現代版デジタルインスタントカメラ)


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン