このページの本文へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記第50回

JAF表彰式にミクZ4祝勝会、そしてあのイベントも……

【動画追加】表彰式や祝勝会が続々 今年のレースはすべて終了!

2011年12月20日 00時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミクチーム、チャンピオン記念の祝勝会開催!

 11月23日(水)は勤労感謝の日。東京・新宿にて、ミクチームのチャンピオン記念祝勝会が開催された。もちろん、筆者は勤労に感謝しているので、休日なんて関係ナシで、この日も取材に向かった。

 当初の予定を大幅に超える300人以上の個人スポンサーが集まり、会場は超満員。レースの映像を見ながら、谷口選手や番場選手が解説してくれるという豪華な演出も。ドライバーから監督、そして右京SDまで全員が揃ってのトークショーは笑いあり、涙あり、番場選手へのツッコミありで、時間が経つのがあっという間。立食パーティーだったにもかかわらず、みんな座って真剣に聞いていたのも印象深い。それもそのはず、このメンバーが全員揃うのは、この日が最後なのだ。

ニコ生前のフリートークもヤバイ話が続出!?見よ! このトロフィーの数々!
ドライビングだけじゃなく、トークも絶好調の谷口選手チームが全員揃い、開会の挨拶
この全員が集合するのは、今年はココだけだと思うと寂しい御本家BMWにも表彰された鈴木代表。4年間の地道な努力が実を結んだ

 途中、ニコ生を挟んで最後まで高いテンションでイベントは終了。なんと、ずら~っと並べられたトロフィーを、自由に持って写真撮影してもいいという太っ腹な提案がなされ、チームスタッフがハケたあとも撮影大会が続いたのだった。

番場選手のファッションショーが急遽開催! ピンクのパンツがオシャレ(らしい)

 優勝トロフィーだけで、5個という偉業を成し遂げたミクGTプロジェクト。安藝社長から来年も継続参戦といううれしい情報が飛び出たが、はたして来年は何個のトロフィーを獲得できるのだろうか!?

ニコ生中はレーシングミクサポーターズも入って華やかに
コメントを拾いつつトークをするチームのメンバー。谷口選手はネット用語である、△(さんかっけー)や8888(パチパチパチ)といった単語を覚えたようだ
生放送のあとは、あつこちゃんによるグッズ抽選会が開催された
スポーティングディレクターとして、チームの全方位に気を配ってくれた右京SD。来年も続投でお願いします!フィギュアメーカーのチームがレースでチャンピオンになるという前代未聞の記録を作ったグッスマの安藝社長。まだまだレース活動はするというウレシイ宣言が飛び出した
そして最後はみんなでさようなら! エキサイティングで感動的な1年をありがとう!
1年間、雨の日も風の日も休まずに旗を振り続けたGSR私設応援団のみなさん。彼らの応援もミクZ4の後押しになったことは間違いない

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ