このページの本文へ

Shure初のオープンバックヘッドフォン2機種が発表に

2011年12月06日 18時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「SRH1840」(左)と「SRH1440」(右)

 シュア・ジャパン・リミテッドは、同社では初となるオープン型オーバーイヤーヘッドフォン「SRH1840」と「SRH1440」の発表会を開催した。2012年発売予定で、予想実売価格はSRH1840は7万円前後、SRH1440が4万円前後。

今回の発表会に合わせて説明のために来日した、アソシエイトプロダクトマネージャーのMichael Johns氏(左)と、モニタリングカテゴリーディレクターのMatt Engstrom氏

今回の発表会に合わせて説明のために来日した、アソシエイトプロダクトマネージャーのMichael Johns氏(左)と、モニタリングカテゴリーディレクターのMatt Engstrom氏

 グローバルでの販売を予定しているが、今回は世界に先駆けて日本での製品発表となった。

1840の分解図

1840の分解図

1840の周波数特性。全体的にフラットだ

1840の周波数特性。全体的にフラットだ

 フラッグシップモデルとなる1840は、インピーダンス(65Ω)と感度(96dB/mW)が若干高めになっており、アンプと接続して使うのに向いている、とのこと。最大許容入力も1Wと、どんなアンプでも接続できるという。

ヘッドバンドはスチールフレームが2つ。頭の上での均一性を追求したという

ヘッドバンドはスチールフレームが2つ。頭の上での均一性を追求したという

航空宇宙産業でよく使わてれいるというアルミ合金(6061-T6)のヨーク。強度が強く、軽量だ

航空宇宙産業でよく使わてれいるというアルミ合金(6061-T6)のヨーク。強度が強く、軽量だ

イヤーパッドはしなやかなベロア素材を採用。交換も可能だ

イヤーパッドはしなやかなベロア素材を採用。交換も可能だ

ケーブルは脱着式。MMCXコネクターを採用する

ケーブルは脱着式。MMCXコネクターを採用する

 ドライバーは同社がハイグレードマイクなどで採用しているMyler製で、40mmのダイナミック型ネオジム磁石を搭載。ケーブルは脱着可能で、超小型同軸コネクター(MMCX)を採用する。一部にアルミ合金(6061-T6)を採用し、本体が268gと比較的軽量なのも特徴だ。

1440はスチールフレーム入りのレザーヘッドバンドを採用。ヒンジが20度回転するため、頭の形に関わらず心地良い付け心地になるという

こちらもケーブルは脱着式。MMCXコネクターを採用する

こちらもケーブルは脱着式。MMCXコネクターを採用する

1440の周波数特性。全体的にやや高め。7000Hz以降でボーカルなどの声がより鮮明になる傾向

1440の周波数特性。全体的にやや高め。7000Hz以降でボーカルなどの声がより鮮明になる傾向

 1440はポータブルオーディオプレーヤーなどで音楽を聴くのに最適なモデル。遮音性を持たせ、感度をやや高め(101dB/mW)にしている。

 ドライバーは40mmで、1840と同じくダイナミック型のネオジム磁石を搭載。インピーダンスは37Ωで、コンシューマー機器の音楽を聴くのに最適とのことだ。

 このほか、10月末に発売された日本特別仕様の「SE535 Special Edition」(実売5万円前後)についても説明が行なわれた。

「SE535 Special Edition」(左)とその分解図(右)

 日本のユーザーの声に応えて、従来の「SE535」の高域表現をより豊かにした限定モデルで、レッドとグレーというカラーリングも同社初だという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画