このページの本文へ

アイ・オー・データ機器「USB-RGB3/D」

USB3.0対応の外付けディスプレイアダプターがIO DATAから

2011年11月29日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USB 3.0対応の外付けディスプレイアダプター「USB-RGB3/D」がアイ・オー・データ機器から発売された。

USB 3.0対応外付けディスプレイアダプタ「USB-RGB3/D」がアイ・オー・データ機器から発売

 この製品は、USB 3.0で信号を処理する新グラフィックスコントローラーを採用した初のディスプレイアダプター。WUXGA(1920×1200)やフルHD(1920×1080)までの大画面液晶に、コマ落ち無く滑らかに動画再生できるのが特徴としている。なお、最大6台までの同時接続が可能。出力端子にはDVI-Iを備え、D-sub変換アダプターも付属している。
 サイズは、60(W)×87(D)×18(H)mmで、重量約62g。対応OSは、Windows 7(32/64bit)、Vista(32/64bit)、XP(SP3以降/32bit)。なお、Windows 7 Starterはマルチディスプレイモード非対応。また、Windows 7ではクローン(ミラー)モードは2画面のみ有効。3画面以上でクローン(ミラー)モードは使用できない。
 価格は9770円。フェイス秋葉原本店で販売中だ。

USB3.0で信号を処理する新グラフィックコントローラーを採用。大画面液晶に、コマ落ち無く滑らかに動画再生ができるのが特徴としている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中