このページの本文へ

大塚商会、通販向け業務システムを発売へ

2011年11月28日 09時41分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ソリューションプロバイダの大塚商会は11月24日、通信販売業向け業務システムを12月20日に発売する。

 同システムは、OSKの販売管理システム「SMILE BS 販売」をベースに綜合システムプロダクツが通販に特化したテンプレートを開発し、大塚商会が組み合わせて販売するもの。従来の他業種向けテンプレートとの親和性も高く、食品製造業やアパレル業、小売業などさまざまな業種の基幹業務にも対応できる。

 機能としては、在庫・顧客の共有が可能となり、通販受注入力時に在庫確認ができる「在庫共有メリット」や、得意先の卸と通販の合計実績が把握できる「顧客共有のメリット」などがある。

 また、豊富なオプションやテンプレートを組み合わせて利用することにより、通販コールセンター、ECサイト、物流業務など受注から出荷、サポートまでのフルフィルメント対応システムを安価に構築できる。

 同社は同システムの発売により、通信販売業のほか、製造・卸・小売業など異業種の新たな販路への進出や取り組みを支援する。価格はスタンドアロン版が250万円から、ネットワーク対応版が400万円からとなっている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く