このページの本文へ

J.D.POWERの携帯満足度調査でドコモが2年連続首位に

2011年11月25日 15時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 自動車を始めとする顧客満足度の調査・コンサルティングの分野では世界的に知られるJ.D. パワー アジア・パシフィック(J.D.POWER)社は、日本国内の携帯電話サービスに関する顧客満足度調査を実施。NTTドコモが2010年に続き、総合満足度で1位になったことを発表した。

 この調査では全国10の地域において、「通信品質・エリア」「提供サービス」「各種費用」「電話機」「アフターサービス対応」「電話機購入経験」の要素ごとに調査。各要素の影響力を配分して総合満足度スコアを算出している。

 今回の調査における満足度で影響を及ぼしたのは、店員からのアドバイスとのこと。特にスマートフォンにおいては、端末購入時に適切なアドバイスを受けることで、電話機の機能について大きな評価差が生じたと分析している。

 なお、第1位のNTTドコモ(592ポイント)に続いて、第2位はau(581ポイント)、第3位はソフトバンク(535ポイント)の順となっており、auでは「各種費用」、ソフトバンクは「電話機」の満足度でそれぞれ最も高い評価になっている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン