このページの本文へ

米Google、レビューに基づいた訪問先のレコメンデーションを開始

2011年11月18日 12時57分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

米Googleは2011年11月15日、ユーザーが過去にレビュー・共有したプレイス情報(場所情報)を元に、ユーザーの好みに合いそうな場所をレコメンドするパーソナライゼーションを開始したと公式ブログで発表した。

このレコメンデーションは、Googleプレイス内のMy Places を通じて共有したプレイスや採点情報に基づいて行われる。これらの情報をGoogleのシステムで分析して、ユーザーが気に入りそうな場所をGoogle Maps上にハイライト表示する。

Googleはローカル事業において、自らビジネス情報やユーザーレビューを抱え込むことで、Googleそれ自体で完結するビジネスを構築しつつあり、今回のレコメンデーション機能はそれを推し進めるものだ。ローカルビジネスの競合である米YelpらはこうしたGoogleの動きを反競争的行為だと批判している。

対応デバイス・環境はPC版及びAndroid版Google Maps。

See your rated places and discover new ones directly on the map
http://google-latlong.blogspot.com/2011/11/see-your-rated-places-and-discover-new.html


#
日本は未対応。米国版も試したが、少なくとも私のアカウントでは確認できなかった。ある程度 My Places への情報量増やすことが必要。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く