このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新/高機能NASを手に入れろ!第4回

2台以上のPCを使っているならNASを導入しよう!

簡単バックアップやAVサーバー機能も備える Synology DiskStation DS212j

2011年12月16日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Synology DiskStation DS212j

 今や、動画や音楽、写真をデジタルで管理するのはあたりまえ。とはいえ、多くの人はこれらのデータを特定のPCに保存しているのではないだろうか。そうなると、あっという間にHDDがいっぱいになってしまうのがネック。最近流行のSSDなら容量が小さいのでほとんど保存できない。さらに、他のPCで閲覧・再生したいときは、USBメモリーにコピーしてやりとりしたりしていないだろうか。

 こんな悩みや手間をすべて解決してくれるのが、「NAS(Network Attached Storage)」だ。

大事なファイルはNASに保存しよう

 NASとはLANケーブルでネットワークに直接接続するストレージのこと。PCからはネットワーク経由でアクセスする。PC1台だけで利用するなら内蔵もしくはUSB接続の外付けHDDなどより手間がかかるかもしれないが、複数台のPCから同時に利用できるのがNASのメリット。特定のPCの電源を常に入れておく必要もなく、自分のファイルを手軽に活用できるのだ。

 また、バックアップデータの保存先としても優れている。LAN接続なので、PCとは離れた場所に設置でき、万一PCが物理的に破損してもNASのデータは守られるのだ。

 NASにもいろいろあるが、今回レポートするのはSynologyの「DiskStation DS212j」。2台の3.5インチHDDを内蔵でき、RAID 0やRAID 1なども構築できる。HDDは最大3TBまで対応し、合計6TBもの大容量を利用することが可能だ。

 DLNAを標準サポートするので、PlayStation 3のようなDLNAクライアントからもアクセスできる。AVサーバー機能を持ち、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンから写真を表示したり、音楽を再生したりもできる優れものだ。

Synology DiskStation DS212j
Synologyの「DiskStation DS212j」。実勢価格は2万5000円前後

 DiskStation DS212jはHDDを内蔵していないので、自分で用意する必要がある。2台まで搭載できるが、できるだけ大容量のものを利用したい。今回は2TBのHDDを2台利用してみた。

 DiskStation DS212jの本体サイズは100(W)×225.5(D)×165(H)mm、重量は940gとコンパクト。HDDが2台で合計1.3kgほどなので、装着後は2kg強となる。ボディはホワイトで、LEDや電源ボタンを備える部分がグレーになっている。背面のねじをスクリュードライバーで外すとカンタンにカバーが外せる。HDDをそのままスライドさせて上下に2台セット。コネクターがボディに固定されているが、すんなりセットできた。HDDをねじで固定し、カバーを閉めればHDDの装着は完了だ。

シンプルなデザインでコンパクトなボディ 正面と背面
シンプルなデザインでコンパクトなボディ。カラーは清潔感のあるホワイト正面には電源ボタンやLED、背面にはインターフェースを搭載
ケースを開いたところ HDDを装着
ケースを開いたところ。上のスロットが番号1、下が2となっているHDDを装着し、ねじで固定する。2.5インチHDDの場合は別売りのディスクホルダーを利用する

 消費電力が小さいのも魅力だ。ハイバネーション時は5.5W、アクセス時でも17.6Wとエコ。92mm四方の冷却ファンを搭載するが、HDDなどの温度を監視し、回転速度を自動的に調節する。高回転時でも動作音は小さく、デスクトップPCと比べれば静かだ。また、HDDは一定時間が経過するとハイバネーションに移行するので、省エネに加えて、HDDの寿命を延ばすことにも役立っている。

DSMのコントロールパネルで、ハイバネーションに移行するまでの時間を設定 設定ソフト「DSM(DiskStation Manager)」のコントロールパネルで、ハイバネーションに移行するまでの時間を設定できる。DSMのセットアップや詳細は次ページで紹介!

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン