このページの本文へ

スマホ導入企業は16%、導入最多業種は「流通業」

2011年11月16日 09時49分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは11月15日、「企業のスマートフォン、タブレット型端末利用状況調査」を発表した。

 調査結果によると、16%の企業が「スマートフォンを導入している」と回答し、導入率は前回調査(2010年9月)から8%ポイント上昇した。「導入を予定/検討している」と回答した企業の割合も増加し、「興味はある」までを含めると全体の5割がスマートフォン導入に関心を示す結果となった。

 スマートフォンのOSをみると、導入済み企業においては「iOS」が前回調査の43%から38%へ縮小した一方、「Android」が20%から44%へ拡大し最多OSとなった。業種別の導入状況をみると、「導入済み」の割合が最も高かった業種は「流通業」、「導入を予定/検討している」においては「不動産業」が最多となった。

 タブレット型端末の導入調査では、12%の企業が「タブレット型端末を導入している」と回答。また、「導入を予定/検討している/興味はある」の割合は55%となり、前回調査(2010年6月)の37%から大きく拡大した。

 調査期間は2011年10月。調査方法はインターネットリサーチで、サンプル数は約1500。

 ■「調査結果」(http://www.gfkjpn.co.jp/update_file/pdf/284.pdf

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く