このページの本文へ

「茶のしずく石鹸」でアレルギー、被害者471人に

2011年11月16日 09時59分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 化粧品製造販売会社の悠香(福岡県)が販売する「茶のしずく石鹸」旧製品を使用してアレルギー症状を発症する人が続出した問題で、厚生労働省は使用者の健康被害が10月17日時点で471人に上ったと報告した。

 旧「茶のしずく石鹸」は計約4700万個販売されたが、小麦由来のたんぱく質「加水分解コムギ末」が入った商品だったため、小麦を含有する食品を食べて運動した際に発症する全身性のアレルギー症状が報告され、同社は5月20日から自主回収を開始した。しかし、被害の届け出は今も続いている。被害者の66人は救急車で搬送されたり、入院が必要になる重篤なケースだったという。

 厚労省は、旧製品を持っている人は使わずに自主回収に応じるよう呼び掛けている。

 ■「返品・交換や製品についての問い合わせ先」    株式会社悠香(福岡県大野城市御笠川5-11-17)    お客様窓口(午前9:00~午後8:00)    フリーダイアル 0120-11-22-66    HP(http://www.yuuka.co.jp/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く