このページの本文へ

WiMAXの上り速度が1.5倍の最大15.4Mbpsに

2011年11月14日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UQコミュニケーションズは、同社が提供しているモバイルWiMAXサービスについて、上りの最大通信速度を15.4Mbpsに高速化するアップデートを12月中に予定している。

 これまでの最大通信速度は下り40Mbps/上り10Mbpsだったが、上りについてのみ64QAM(現在はQPSKまたは16QAM)という変調方式を追加することで、電波に乗せるデータ量を16QAM利用時に比べて、1.5倍に増やす(下りについてはすでに64QAMに対応している)。

 64QAMが利用できるケースは比較的電波環境が良好なケースに限定されるものの(電波環境次第で自動的に16QAMやQPSKに切り替わる)、屋外からの動画アップロードやリアルタイム中継など、大容量データを配信する際に効果が期待できそうだ。

 なお、今回の上り速度向上に対応する機器は現時点では未定だが、今後UQのサイトで情報が提供される予定である。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン