このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」第89回

6画面ディスプレーの巨大デスクトップを構築する技【前編】

2011年11月08日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

下準備は鼻歌交じりで楽しく作業

 意を決して作業開始。撮影もあるので、ヘルプに2人来ていただいた。まずは液晶ディスプレーを開梱し、元から付いているスタンドを取り外す。その後、背面のねじ穴にモニターアームを装着していく。

新品の液晶ディスプレーは気持ちがいい

スタンドを取り外す。将来単体で使うことも考え、捨てないで取っておかなければならない

ディスプレーアームをしっかりと取り付ける

6枚のディスプレーに装着完了。作業はラクで快適だ

 続けて、モニタアーム補強プレートに滑り止めのシールを貼ったり、支柱にアーム取り付けバーを装着するといった下準備を進める。ごちゃごちゃした仕事場では、一気に組み立てようと思ったためだ。

「モニタアーム補強プレート(CR-LAPLT1)」にシールを滑り止めに貼る

 この手のニッチな製品だと、6ヵ国語で書かれた簡易的なマニュアルしか入っていないことがままあるが、それぞれの製品に紙のマニュアルが入っており、丁寧に解説が書かれていたのはうれしかった。だいたいは感覚でわかるが、調べたい時にすぐに把握できる。また、レンチやスパナもすべてのパーツに同梱されていた。3人同時に作業できるのはうれしいところだが、ものすごい数のレンチとスパナが余ってしまったのはちょっともったいないと感じた。

設置作業は重労働でヘトヘトに

 半分組み上げたディスプレーアームを2階の仕事部屋に持ち込み、いよいよ設置を開始。「モニタアーム補強プレート」をクランプに挟んで、PCデスクに装着。六角レンチで締めるのだが、支柱が2本で3.2kg、アーム取り付けバーは1本3.1kgあるので、結構な重量になる。クランプの下に挟む小さな補強プレートは滑り止めがないので、すぐ落ちてしまい、何度もやり直しになった。

補強プレートを設置

小さな補強プレートを下に挟む

クランプを固定する。まだ握力は十分にある

 とりあえず上のアーム取り付けバーは一番上に、下のバーは目測で適当に固定。まずは、中央下段の液晶ディスプレーを装着してみることにした。ディスプレーの下部にスイッチ類があるので、少し浮かせて設置する必要がある。さらに、筆者はディスプレーの下から、外付けの光学ドライブを引き込んでいるのでその分のスペースを空けなければならない。上下に装着し、バーの位置を調節したところ、なかなかいい感じになった。

バーを仮止めする

液晶ディスプレーをセット。アームをバーにかませて、六角レンチで固定する

 しかし、ここで問題が発生。中央のディスプレーが数cm低いのだ。チルトを調節して同じ角度にしても、両脇が明らかに高い。念のため6面全部付けてみたが、上下共に同じ現象。1関節多いため、その分差が付いてしまったのだ。これには参った。関節が異なるアームは混在できないのだ。約3000円を節約しようとして、銭失いをしてしまったようだ。追って、2関節アームを2つ購入して、同じ高さに揃えたいと思う。

ディスプレーをどんどん装着していく

背面から見たところ。両脇が少し高くなっている

 6面を装着する頃には、レンチやドライバを回しすぎて全員の握力が低下してきた。そして、最後にバーの高さの微調整。できれば、ぴったりくっつけて一体感を出したかった。しかし、くっつけすぎてベゼルが当たってチルトできなくなるなど、何度もやり直し。液晶ディスプレーを3枚装着したバーを上下させるのはなかなかしんどかった。

何度もやり直しが発生

 バーとアームすべてのねじをチェックし、設置完了。まだ、PCを完全に繋げていないものの、とても満足できるビジュアルになった。何より、アームの安定感が素晴らしい。ものすごい強度なので、曲がったり折れたりする心配はなさそう。見ての通り耐久性も高そうなので、ずっと使えそうでなによりだ。大画面ディスプレーを6面構築できると考えれば、約10万円という価格は手ごろと言える。まだ少ししか使っていないが、仕事が相当はかどりそう。投資をなる早で回収しなければ。

23型液晶×6面のマルチディスプレー環境が完成!

 後編は、フルHD液晶ディスプレー6枚で、快適に利用できるPCを構築する技を紹介する予定だ。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)、「ポケット百科 GoodReader 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)。


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン