このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第122回

洒落たボディーで高性能なお買い得14型ノート XPS 14z

2011年11月04日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コストパフォーマンス重視のスタンダードノートと言えば、メーカーの言い分はともかくデザイン面ではパッとしない、いかにも安かろうな製品が少なくない。しかしデルの「XPS」シリーズのノートパソコンは、10万円前後という手頃な価格ながら、充実したスペックと洒落たデザインのボディーを兼ね備えたスタンダードノートである。

XPS 14z

 今回は11月15日に発売予定の「XPS 14z」を評価してみた。そのルックスと実力はいかに?

上から下まですっきりとスマートなボディー

 XPS 14zのボディーは、写真のとおり金属の質感を生かしたデザインとなっている。アルミとマグネシウム合金を採用したというボディーはシンプルだが、天板から側面、底面までの全体がすっきりとまとめられている。鋭角的な角はなく、どの角もカーブで構成されていて、金属的な色味のわりに丸みを帯びたソフトな印象を受ける。底面も含めてどの面にも見栄えを損なう凹凸はなく、机の上だけでなく持ち歩いても美しい。

スタンダードノートとしては珍しく、底面もすっきりと美しい。吸気用のメッシュも格子模様のようなデザインで見栄えを損なわない工夫を凝らしている。見ての通りバッテリーは内蔵式

 天板と背面はシルバーだが、ディスプレーを開くとキーボード周囲のパネルは濃いグレー、ディスプレーの周囲は黒、キーボードは天板と同じくシルバーのカラーリングとなっている。ヒンジ部分のシルバーが、濃いグレーに囲まれていいアクセントに見える。今冬の14型スタンダードノートの中では、最もデザインの優れた製品と言っても過言ではないだろう。

 ボディーサイズは幅335×奥行き234×高さ23mm。一般的な14型ノートと比べると、幅と奥行きは大差ないものの、厚さ30mm以上が相場の14型の中ではかなり薄いボディーと言える。13.3型ディスプレーを搭載するノート(例えばVAIO S)と比べても、サイズは大きく変わらない。天板と底面が凹凸のないデザインも、見た目の薄さを強調している。重さは約1.98kg。モバイルと呼ぶのはためらわれるが、家庭内での移動やたまに持って外出する程度なら持ち運んで使うのも可能だ。

 キーボードは一般的なアイソレーションタイプだが、丸みを帯びたボディーと同様に角を丸めた独特の形状をしている。タッチは軽く、若干キートップがぐらつく感触もあるが、特に問題を感じるようなものではない。キーボードにはバックライトが内蔵されている。

丸みを帯びた形状のキートップを持つアイソレーションキーボード。Enterキー周囲のキーが縦に細い程度で、配列はオーソドックスキーボードバックライトを内蔵。暗い飛行機内で使うというよりも、ビデオを見るときに照明を消してもキーを見分けられるように、といった意図があるようだ

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン