このページの本文へ

ジュニパーが対応スイッチや無線LANコントローラ、セキュリティソリューションを発表

「シンプル・コネクト・ネットワーク」でモバイル端末の利用を支援

2011年10月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月24日、ジュニパーネットワークスは“簡単につながる”をコンセプトとする「シンプル・コネクト・ネットワーク」を実現する製品群を発表した。

「シンプル・コネクト・ネットワーク」のコアとなるシャーシ型スイッチ「EX6200」

 これらの製品は、有線ネットワークを簡素化し、モバイル端末の管理とセキュリティ確保をサポートするスイッチ「EX6200」と「EX3300」、「EX2200-C」、無線LANコントローラ「WLC880」、セキュリティ機能対応の管理ソリューション「Junos Pulseモバイル・セキュリティ・スイート」で構成される。同社のシンプル・コネクト・ネットワークは、

  • モバイル端末のブランドやタイプに依存しないユーザー中心のセキュリティと管理
  • 有線/無線が混在し、ネットワークアクセスが変化している環境における、ネットワークの再構築とフットプリントの減少

をコンセプトに展開する。これにより、ユーザーは使用する端末の決定や変更を簡単に行ない、ビジネスアプリケーションにセキュアかつ簡単にアクセスできるようになる。また、IT部門はタブレットからスマートフォン、PCまで幅広い端末を網羅した1つのポリシーをユーザーごとに適用することが可能になるという。

 新製品の1つEX6200はシャーシ型スイッチで、柔軟性と拡張性に優れたハイパフォーマンスなワイヤクローゼットソリューション。出荷開始は2011年第4四半期の予定だ。

 EX3300は、コンパクトなラックマウント型スイッチ。バーチャルシャーシ技術によって、もっとも厳格な要件が求められる統合エンタープライズアクセス環境をサポートするという。すでに提供中だ。

バーチャルシャーシ技術を搭載するラックマウントスイッチ「EX3300」

 EX2200-Cは、壁かけも可能なファンレスタイプのボックス型スイッチ。小規模な支店や会議室、教室などの環境向けに設計されており、オープンなオフィス環境で柔軟な展開が可能。コンパクトでコスト効率に優れたソリューションという位置付けだ。こちらもすでに提供中となっている。

オフィス内でもうるさくないファンレスタイプの「EX2200-C」

 無線LANコントローラーWLC880は、中規模から大規模の一般的な無線環境向けに設計されており、セキュアな無線LANサービスを複数の支店へ拡張することを可能にする。最大256のアクセスポイントをサポートし、「Spectrum Management」を含む新しいシステムソフトウェア機能をサポート。「WLA-522」およびライフサイクル管理ツールセット「Ringmaster」に実装されている先進のスペクトラムプランニング機能を含め、導入企業はメインストリームとなっている802.11nに対応したアクセスポイントが提供する信頼性の高い環境を利用できるという。10月から出荷開始予定だ。

管理機能が充実した企業向け無線LANコントローラ「WLC880」

 Junos Pulseモバイル・セキュリティ・スイートは、幅広いモバイル端末に対応する一元管理ソリューションで、

  • ネットワークへのセキュアなアクセス
  • アンチマルウェア
  • データ盗難対策
  • リモート管理

の機能を提供する。

 さらに今回発表の新バージョンでは、エンタープライズおよびサービスプロバイダー向けにiPhoneやiPad/iPod touchの紛失・盗難時に端末を遠隔からロックし、重要なデータを消去できる機能、セキュリティおよびパスコードポリシーの設定と適用、マイクロソフトのExchangeプロファイルの定義と削除、VPNおよびWi-Fi設定の適用、端末のアプリケーションのインベントリ、iOS搭載端末における指定アプリケーションの制限などを行なう機能も追加されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ