このページの本文へ

ニコニコチャンネルにて「ゲームの電撃チャンネル」がオープン!

2011年10月21日 15時00分更新

文● 荒木賢一朗(電撃の編集者)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日(10月21日)、“ゲームの電撃”が贈るゲームに関する動画満載の「ゲームの電撃チャンネル」がニコニコチャンネルにオープンした。

サイバーコネクトツーの代表取締役・松山洋氏
サイバーコネクトツーの代表取締役・松山洋氏。写真は劇場用3Dアニメーション「ドットハック」の制作スタッフに細かな指示を与えているシーンだ。今回のレギュラー動画では、松山氏による“見る人の心を揺るがす”格言も収録!

 このチャンネルは、「電撃PlayStation」をはじめとするゲーム情報誌を刊行している“ゲームの電撃”の編集部が、ゲームの魅力を“映像で”お届けする動画専門のチャンネル。大きく分けると3つの動画コンテンツ(レギュラー動画、そのほかの動画、ニコニコ生放送アーカイブ)があり、そのうちの「レギュラー動画」の第1弾が本日配信となる。

 今回の「レギュラー動画」の内容は、2012年1月21日(土)に3Dアニメーションが劇場公開される「ドットハック」や、人気コミック「NARUTO -ナルト-」のゲーム開発を手がけるサイバーコネクトツーの代表取締役・松山洋氏の密着レポートが中心。サイバーコネクトツーは、福岡に本社を構えるゲーム開発会社で、上記のタイトルのほか、カプコンから2012年内に発売される予定の『アスラズ ラース』の開発など、ゲーム業界内の注目を一手に集めている。そのリーダーである松山洋氏がどんな1日を送っているのか、ぜひ動画でチェックしてほしい。

 松山洋氏の密着レポート動画のほかにも内容は盛りだくさんで、天才系クリエイター・RucKyGAMESによるオススメアプリの紹介コーナーや、注目ゲームを編集者が紹介するコーナーも見逃せない。RucKyGAMESによるオススメアプリの紹介コーナーでは、『i刺身LITE』のヘンテコな魅力を開発者本人がアピール。RucKyGAMES自身がすごく特殊なキャラクターであり、さらにアプリの内容自体も???な内容なので、いろいろな意味でぜひ注目してほしい(笑)。一方の注目ゲームを編集者が紹介するコーナーでは、電撃PlayStationの西岡編集長が『バトルフィールド3』の魅力をPVとあわせて紹介している。

RucKyGAMES氏
自作のアプリ『i刺身LITE』を紹介するRucKyGAMES氏。『i刺身LITE』は刺身の上にひたすらタンポポの花を乗せていくという、ヘンテコ極まりないゲーム。RucKyGAMES氏の軽妙なトークにも注目!

 「レギュラー動画」は、毎月第1・第3金曜に更新予定。「そのほかの動画」や「ニコニコ生放送」も随時行なっていくので、ぜひブックマークにチャンネルの登録を! なお、本チャンネル内に、過去に配信された「ニコニコ生放送」をアーカイブとして公開していくので、生放送を見逃した場合はこちらでチェックしよう。

 流行のゲーム情報もマニアックな情報もたっぷり詰まった「ゲームの電撃チャンネル」をお見逃しなく!


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ