このページの本文へ

DC電源採用で非効率な変換ロス、LEDのちらつきまで一掃

60W給電でPCもLED照明もOK!オフィスを変えるCisco UPOE

2011年10月19日 06時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10月18日、シスコシステムズは60Wの給電を可能にする「Cisco Universal Power over Ethernet(Cisco UPOE)」を発表した。従来のIP電話機や無線LAN APに加え、ディスプレイやPC、LED電気まで給電できるという。

最大60Wの給電で対応デバイスがぐっと拡大

 発表会では、ボーダレスネットワーク事業統括 専務執行役員の木下剛氏が、企業のグリーン化の課題やシスコのPoEへの取り組みを紹介した。同社では、Cisco EnergyWiseというプログラムにより、オフィスビルのOA機器の省エネ化を進めており、この取り組みの中でPoE技術の開発に携わっているという。木下氏は、「通信の観点で音声とデータが統合できるのであれば、電力も統合できるのではないか?ということで、2000年に7W給電できるインラインパワーという技術を導入した」とPoEの歴史を振り返った。その後、2003年にIP電話機を想定した15Wを給電するPoE、2007年にビデオ会議端末を想定した30Wを給電するPoE+、ほぼ3年ごとに技術革新を進め、標準化への道程を示してきた。

ボーダレスネットワーク事業統括 専務執行役員の木下剛氏シスコのPoE技術開発の取り組み

 今回発表したCisco UPOEは、PoE+の倍となる60Wを給電可能な新しいPoE技術。従来と同じくCat5eのケーブルを使ったデータ送受信と給電が可能で、既存のPoEとPoE+との互換性も確保した。従来のPoEではCat5eケーブルの4対の線のうち、通信に使わない2対で送電していたが、UPOEではデータ通信と送電を重畳させることで、4対すべてを給電に用いる。また、接続時にはLLDPやCDPなどのプロトコルを用いてネゴシエーションを行なうことで、非PoEか、従来のPoEか、UPOEかを自動的に識別する。こうした仕組みにより最大60Wの給電能力を確保することで、IP電話機や無線LAN APにとどまらずディスプレイやPC自体にまで給電することが可能になる。

 製品としては、Catalyst 4500E用のSupervisor Engine 7-E/7L-Eというスイッチングモジュール、UPOE対応の48ポートラインカードなどが用意される。こうしたUPOE対応のスイッチと対応デバイスでネットワーク化することで、デバイス単位での電力制御はもちろん、電源工事まで不要になるという。

60Wの給電を実現するCisco UPOEスイッチ側でAC/DC変換を行ない、そこからDCで給電

 木下氏が強調したのが、UPOEがDC(直流)電源を採用しているメリットだ。現在のオフィスはAC(交流)電源主体だが、だいたい10%がACとDCの変換ロスとなっているという。また、停電時に給電を行なうUPSに関しても変換ロスが発生する。UPOEを採用することで、このロスがなくなり、効率化するという。

Catalyst 4500から無線LAN APやオフィススイッチ、ビデオ会議端末、ディスプレイなどが給電されている

デスクトップも照明まわりもケーブル減らしてシンプルに

 適用例として木下氏が挙げたのが、デスクトップのシンプル化。ディスプレイ、PC、内線電話などをそれぞれ必要だったACや通信ケーブルを排除し、同社VXIに統合し、物理的にも「シンクライアント」を実現するというというもの。パートナーとの協業として、VDIを統合したサムスン電子のゼロクライアントディスプレイ「SyncMaster NC220P」を使ってネットワークケーブル1本での接続を実現したという。

Catalyst 4500のラインカードからUPOE経由で給電するデモサムスン電子のゼロクライアントディスプレイはネットワークケーブル1本で給電も通信もOK

 また、UPOE経由でLED照明に給電するスマートオフィスも挙げた。LAN工事で施工するため、電気工事資格は不要で、既存の照明も使える。また、通信機能を利用し、Cisco EnergyWiseなどを用いて電灯などを細かく管理することが可能になっている。さらにAC/DC変換を高速に行なっているLED照明をDC給電にすることで、「LED照明のちらつき(フリック)までなくせる」(木下氏)というメリットまであると話す。こちらはDEPおよびシャルレライテックとの協業により、Cisco EnergyWiseとCisco UPOEに対応したLED照明とコンバーターも披露された。

 会場ではCatalyst 4500Eによって給電されているデモが行なわれていたが、来月開催される「Cisco Plus Japan」では、Cisco EnergyWiseを使った電力管理まで披露するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ