このページの本文へ

root権限付専用サーバー「カスタマイズエンジン」に新サービス

KDDIウェブ、VPN利用のファイルサーバーサービスなど提供へ

2011年10月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月13日、KDDIウェブコミュニケーションズはホスティングブランド「CPI」のroot権限付専用サーバー「カスタマイズエンジン」において、新たなパッケージサービスおよびオプションの提供開始を発表した。

専用サーバーカスタマイズエンジンスペック抜粋

 新たなパッケージサービスは、VPNによりセキュリティを維持したまま仮想的なLAN環境を構築でき、社内サーバー利用と同じ感覚で接続できる「ファイルサーバーパッケージ」、トラフィックの負荷分散の「WEBサーバー負荷分散パッケージ」など計5つ。

 また通常ユーザー自身で行なうサーバーの構築・運用を同社が行なうフルマネージドサービスにおいては、ファイルサーバーの運用から保守まで代行する「ファイルサーバー構築」、データの複製をリアルタイムで保存する「WEBサーバーミラーリング」など、計4つの新オプションを提供する。

カテゴリートップへ

ピックアップ